2019年5月 6日 (月)

「私の友人に手を出すな」=成田の市東さんを支持する

3月31日、「市東孝雄さんの農地を守れ」全国集会に参加しました。
この日行われたのは、成田空港建設に反対している市東孝雄さんの農地取り上げに反対する集会です。成田では1971年9月20日の第二次強制代執行によって小泉(大木)よねさんに対して行われた機動隊の暴力による農地取り上げが市東さんに対して再現されようとしています。悪魔の再現としか言いようがない。小泉よねさんが脱穀機にしがみつくのを機動隊員はぶんなぐって歯を折るくらいのケガをさせて引きはがした。そんな悪夢が再現されようとしているのです。
「私の友人に手を出すな」というのはヘイトスピーチへの対抗闘争のスローガンです。この言葉が私にとっての市東さんの闘いのスローガンにふさわしく思います。成田空港に反対しているからという理由で、空港会社と国家権力は市東さんから農地を取り上げようとしています。「過酷執行」という、嫌がっている人から暴力で農地を取り上げる行為をしようとしています。それを最高裁判所が決めました。今は最高裁判決に対する異議申し立て裁判を闘っています。しかし裁判所がどう決めようと友人が嫌だと言うならそれを助けるのが人間です。私は一人の人間として、農業で生きたいという市東孝雄さんを支持します。農家で生きたいって素晴らしいことじゃないですか。誰の邪魔もしていないんですよ。
 最高裁判決に対する異議申し立て裁判は東京高裁に闘いの場を移しています。この異議申し立て裁判で、裁判所が農地取り上げ判決を出したとしても、別の農地取り上げ裁判が今もなお闘われていて、その判決が出ないことには空港会社も国家権力も、2回も農地取り上げの「過酷執行」を行わないといけないから、簡単には手を出せません。現在闘われているもう一つの裁判にも支援が必要です。裁判官が「成田の裁判は別」と国策を実現するためには、憲法違反の判決も書くと公言しているのが、成田の農地取り上げ裁判です。
日本という国は国策に反対する人には憲法が保証する基本的人権も認めないという最低の国です。職業選択の自由もない。農業で生きたいということも認められない。「護憲」を言うなら、憲法を守るということは市東孝雄さんが農家として生きられるようにするという極めて単純明快なことです。三里塚(成田空港)と沖縄では国策の前に憲法も停止しています。それは正しいことなのでしょうか。「私の友人に手を出すな」私は主張し、行動します。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

3/2障がい者辺野古の集い

32日の沖縄、辺野古障害者の集いに参加してきました。参加者は県民投票の大勝利を謳歌し、シンガー・ソングライターで障害者になったまよなかしんやさんの歌、前知事の翁長雄志さんのお連れ合いも発言。沖縄県精神障害者家族会や精神障害者当事者も発言し、若い聴覚障害者など、沖縄の地に根を持った障害者が発言。「健常者」を含む400人が聞きいった。沖縄の重い現実が辺野古では解放されるという感じがした。闘争現場の自己解放性なのでしょうか。190302


1903022


1903023


1903024


1903025


1903026


1903027


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

沖縄の精神障害者の監置小屋

33日に沖縄に現存している精神障害者の監置小屋を案内していただきました。沖縄では1972年の本土復帰まで精神障害者を民家の庭等に作った監置小屋に閉じ込めていました。復帰時に200人が確認されています。その一つが現存しています。後にシャワー室として使われたのでガスメーターや水道がついています。もともとは光取りの5つの穴と食事を差し入れるための小窓しかありませんでした。最初は木造の小屋でしたが蹴破って出たのでコンクリート製の小屋が作られました。ここにいつまでとも決められず幽閉されていました。この小屋に幽閉されていた人は10年間閉じ込められました。

今、ここの保存運動があります。つい最近まで精神障害者がこうむっていた運命を記憶し、記録するためにもこの監置小屋は保存しなくてはならないと思います。沖縄でも精神科医やコメディカルの反応が悪いそうです。

私達は沖縄の精神障害者にこのような運命を強いて来た本土人民としての責任を見据えるためにも、この現実を知り、広めること、この保存運動に協力して行きたいと思います。これを記録した「消された精神障害者」を読み、広めて行きましょう。

1903036


1903035


1903034


1903033


1903032


1903031


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

3/24優生思想・強制不妊手術を許さない尼崎集会

190324324


190324


「190324324.pdf」をダウンロード

「190324.pdf」をダウンロード

みなさま

3/24に優生思想・強制不妊手術を許さない尼崎集会を開きます。

裁判兵庫原告の高尾さんご夫妻をお招きし、この問題を古くから闘っておられる利光恵子さんの講演を受けます。

主催は「尼崎障害者集会実行委員会」

3月24日(日)13時30分開場14時~16時30分まで

尼崎市小田公民館学習室2・3です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「社会内保安処分」を打ち破ろう