« 10・31大集会へ | トップページ | 地デジテレビのこと »

2008年10月14日 (火)

医療観察法の廃止のために

今日東京の国会議員会館で「心神喪失等医療観察法」をなくす会の院内集会が開かれ、民主党議員や社民党議員が出席したそうです。僕が社民党の阿部議員事務所にいろいろ協力を得ているから言うのではないですが、民主党による政権ができたら「医療観察法」がなくなると期待するのにはそうは簡単に行かないということを指摘せねばなりません。僕の地元では民主党予定候補は小沢派の超保守です。民主党が多数派になった場合、自民をまきこんだ政界再編があるとも言われています。民主党と自民による大連立ができるという予測ですが、あながちおおはずれとはならないのではないでしょうか。僕の地元の民主党候補のように自民党よりも右という議員が民主党にはたくさんいます。彼らにとっては政権を安定させるためなら自民と組むというのに抵抗感はないことでしょう。むしろ彼らにとっては革新的政策を打ち出すほうが抵抗は大きいと。

小泉改革による悪政として、郵政民営化、「障害者自立支援法」と並んで「医療観察法」があります。郵政民営化はすぐに撤回法案が出るのではなく、株式売却停止法という中間的な見直しにとどまるといわれています。民主党支持の郵便局の労働組合が民営化推進派だからです。当該が推進なのに撤回となるはずがありません。

「障害者自立支援法」では、民主党は一割負担凍結法を出すといわれていますが、その背後には法の廃止を望む数千人、万人の集会をする「障害者」の多数派が存在しています。このように民主党の政策にはっきりとした分岐があるのには、当該の労組や大衆団体の動きがあります。

「医療観察法」の廃止を勝ち取るには、当該の「精神障害者」の多数を獲得する闘いが不可欠です。それが廃止か存続かの分岐をもたらすものであることは明らかであるからです。「精神障害者」の獲得というところを離れて政界遊泳術で廃止を願望することは非現実的です。「精神障害者」を自民党政府方針に従わせる御用団体を解体し、「医療観察法」反対の立場に多くの人を獲得すること抜きに法の廃止は非現実的です。国の方針に従って「精神障害者」に社会適応させるというのではなく、社会を「精神障害者」に適応させるという大改革を実現する道に「精神障害者」や医療従事者を獲得する道が現実的な道です。

「肥前病院の自殺事件を問う」本を出版します。郵便振替00960-1-140519加入者名 共生舎にて500円を振り込んで注文ください。11月には出版予定です。団体で取りまとめていただければさらにありがたいところです。この本を広めることは「医療観察法」の廃止のひとつの具体的な道のりです。

|

« 10・31大集会へ | トップページ | 地デジテレビのこと »

-理論的深化のために-」カテゴリの記事

コメント

「保安処分は、『精神障害』者をいけにえにして、矛盾だらけの社会、国家を守ろうとするもので、『精神障害』者への差別、偏見を広げ、それを利用して作りあげられる制度です。……私たちは、『精神病』者集団のなかまから指摘を受けてから討論をつづけ、『狂気』はいまの管理社会から自由になろうとする力だと考えるようになってきました。しかしそうならば、『精神障害』者は管理社会から強く差別、抑圧を受けることになります。事実それを受けているのです。この差別、抑圧のありさまとかかわりなく“差別反対”と言っても、評論にすぎません。」[保安処分の現状とその問題]

投稿:  | 2008年10月14日 (火) 21時08分

「犯罪は、個人の遭遇する状況の、過去の体験や現在の認識と、そこからする未来への思惑によって原因され、構造される。状況は、社会構造、文化等と、その担い手の人々によって、作られ、犯罪構成はその反映としてある。従って、個人に『治療』を加えて、犯罪を再び犯させないようにしようと称する保安処分制度は、社会構造・文化・その担い手の人々の矛盾としてあらわれる犯罪を、個人の脳や人格の反人間的破壊、解体によって口をぬぐおうとする、支配者の抑圧手段なのだ。真に必要なのは、精神障害者を作り、犯罪を作る疎外構造の解体であり、抑圧の除去なのだ。個人が、その犯罪に至る、未来に遭遇する状況や対人関係を予見し得る手段はない。この予見をなしえぬものを、再犯を予見して保安処分にしようというのは、偏見に満ちた人間観に基づくものだ。これを実行すれば差別であり抑圧行為となり、人々に対する分断と管理の装置で、人々の安全を破壊する行為となるのだ!保安処分を許してはならない。」[「保安処分の現状とその問題」から]

投稿:  | 2008年10月18日 (土) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/42787701

この記事へのトラックバック一覧です: 医療観察法の廃止のために:

« 10・31大集会へ | トップページ | 地デジテレビのこと »