« 応益負担違憲訴訟 | トップページ | 成田農民の闘いから日本の農政を考える集会 »

2008年11月 7日 (金)

眠剤飲まずに寝てしまった

疲れきっているときにまれに起きることなのだが、睡眠導入剤を飲まずに寝てしまった。そのために5時前に目が覚めてしまい、いまから導入剤を飲むと昼過ぎまで寝てしまいそうだ。今日はヘルパーさんが来る日だから11時にはおきていないといけない。ここは思案のしどころなのだ。一応ヒルナミンという薬はやめておき、ベゲタミンエーなどのあまり後に尾を引かない薬だけを飲むことにした。それでも昼ぐらいまで寝てしまうかもしれない。逆に眠れないかもしれない。まったく困ったものだ。自分がそんなに疲れているという自覚がなかったことは自己認識の欠如として反省しとかないといけない。ここ数日は「自殺事件を問う」という「心神喪失等医療観察法」に反対する冊子の校正作業をしていた。10・31闘争の疲れが取れていなかったのかもしれない。闘争の疲れが取れないままにその後の活動をしていたからかな。闘争の疲れは2日後ぐらいから出ていた。後から疲れが来るのは年のせいだろう。事務的な会議があり休めなかったこともある。その間には楽しいこともしていたのだから、活動のせいにもできないだろう。さてさてもう一度眠られるかどうかやってみるか。

|

« 応益負担違憲訴訟 | トップページ | 成田農民の闘いから日本の農政を考える集会 »

‐闘病日誌(げんさん)-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/43035618

この記事へのトラックバック一覧です: 眠剤飲まずに寝てしまった:

« 応益負担違憲訴訟 | トップページ | 成田農民の闘いから日本の農政を考える集会 »