« ■罪を犯した知的障害者 施設職員の配置は3倍 | トップページ | 心神喪失:強殺被告を16年拘置 公判停止後、治療もせず »

2009年3月16日 (月)

3・15反基地、三里塚集会

3月15日に、三里塚と全国の反基地闘争をつなぐ集会がもたれました。 三里塚からは空港建設予定地敷地内の萩原さん、沖縄から知花昌一さん、岩国基地に反対する住民の会代表の大川さんが参加され、それぞれの反基地闘争の意義を述べるとともに全国の反基地闘争の連帯を述べられました。三里塚闘争が全国の反基地闘争と結びつき、新たな発展の方向性が明確になりました。その意義は大きいものがあると思います。全国の反基地闘争は、アフガニスタン、北朝鮮を敵国とした米軍の世界的再編との闘いの最前線です。三里塚もその一環として空港建設が進んでいます。一方で農民の闘いが空港・基地建設を阻んでいる重要な闘いでもあります。

三里塚では、空港建設を阻んでいる敷地内に存在する現闘本部を強制的に取り上げる裁判で、国家意思として反動的な訴訟指揮があり、強制的に取り上げる判決が予想されます。いよいよ三里塚で用地の強制に抗する人民の実力闘争の時が来ました。かつて砦を作り抵抗した闘いが再現されようとしています。成田特別法で砦建設は難しくなっています。であるならば人民の砦で強制取り上げと闘う時です。

裁判において反動判決を許さない取り組みがあります。反対同盟から反動判決と反動的で国家意思をむき出しにした訴訟指揮をゆるさない裁判闘争が呼びかけられています。可能な方は全国各地から千葉地裁に結集して闘いましょう。

|

« ■罪を犯した知的障害者 施設職員の配置は3倍 | トップページ | 心神喪失:強殺被告を16年拘置 公判停止後、治療もせず »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/44365452

この記事へのトラックバック一覧です: 3・15反基地、三里塚集会:

« ■罪を犯した知的障害者 施設職員の配置は3倍 | トップページ | 心神喪失:強殺被告を16年拘置 公判停止後、治療もせず »