« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

ヒルナミンも減らした

ベゲタミンを半分量に減らしてもらったのに続き、ヒルナミンを4割減らしてもらった。4割というのは中途半端な数値だが、ヒルナミンは25ミリの錠剤よりも少ない錠剤が5ミリとなり、2割づつ減ることになる。いままで25ミリだったので、それを15ミリにしてもらったのだ。だから5ミリの錠剤を3粒飲んでいる。ちょっと錯覚を覚えるやり方だ。ミリ単位では減っているが大きさは今までと同じ錠剤を3粒飲むことになるからだ。

一昨日から始めたが睡眠のほうは変わりなく取れている。起きてからの感覚はさして変わらない感じがしている。ベゲタミンの時のように目に見えて楽になったという感覚ではないのだ。長期的には変化があるかもしれないが、一日二日での変化が見えない。

睡眠の質が悪いのにはいびきと睡眠時無呼吸症があるのではないかと思う。いびきが大きいというのは泊り込みの学習会のときなどに指摘されている。それに息をしていないことがあるらしいのだ。いろいろと対策はあるようだが、根本的には肥満の解消がないと解決にはならないらしい。頭にヘッドギアのような装置をつけて鼻に空気を送るという装置をして寝るとかいう解決法があるらしい。しかし、これは不眠症の僕には向いていない。そんな装置をつけて眠れるという自信がない。

僕の場合、舌が寝ているときに喉に落ち込むことが原因らしい。なにか解決方法を知っている人がいたら教えてほしい。

睡眠剤的にはヒルナミンを減らしてもらったらそれ以上削るのは無理かもしれない。ヒルナミンを5ミリにちかづけていくことはまだ可能だが、それが限度か。睡眠の質の改善と肥満の解消は一つのことらしい。幸いピークに比べれば10キロはやせている。理想としてはさらに25キロやせることだが、それに向けて、体重減の方向を向いている。ただここ2ヶ月くらいは減ったり増えたりを繰り返している。ここは運動療法をさらに進めて行くことか。一日1時間の運動はどうにかして貫徹したい。薬が減ったことで体への負担は減っているはずだからここは一つがんばりどころか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

■自立支援法改正案は不十分 障害者が国会議員にアピール

福祉新聞2431(4/27)号より

■自立支援法改正案は不十分 障害者が国会議員にアピール

■国会審議を前に政党シンポ開く

 全国自立生活センター協議会やDPI日本会議等の当事者団体でつくる「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会は16日、国会審議入りを控えた障害者自立支援法改正案が「小手先の見直し」にとどまっているとして、国会議員に訴えようと参議院議員会館で政党シンポジウムを開いた。

 実行委が改正案で問題視しているのは、障害者の定義に発達障害が加えられたものの「難病等」が含まれなかったことや、法付則で見直し事項とされていた所得保障の確立が手付かずになっていることなどだ。

 また、改正案では重度視覚障害者の移動支援のために自立支援給付の対象として「同行援護」が創設されたが、知的障害者にとっても移動支援は地域生活に欠かせないとして個別給付化するよう求めている。

 シンポジウムはこうした要望を審議入り前にアピールするねらいだが、自民党と国民新党は欠席した。

 与党プロジェクトチーム副座長として見直しにかかわった公明党の高木美智代・衆院議員は、障害程度区分を「障害支援区分」に改めることに触れ、「支援区分は中身を精査しないといけない。精神障害や知的障害の状況を反映できる仕組みをつくっていきたい。医療モデルだけでなく社会モデルの考え方でどんな支援が必要かはっきりさせ、その人の置かれた環境を加味して支給決定されるようにする」と説明した。

 また、現在原則1割の定率負担は軽減措置が取られていることを踏まえ「今の負担を恒久的なものにさせて頂く」と述べ、難病については「生活支援を検討したい」とした。

 一方、民主党の園田康博・衆院議員は実行委の訴えに同調し「自立支援法はサービス切り捨ての法律で、改正案は小手先の見直しにすぎない。本来はすべての障害者にサービスを受ける権利がある。根本的にやり直すべき」と批判した。

 共産党の小池晃・参院議員は「障害程度区分は将来介護保険と合体させるために出て来たと思うが、与党は合体させないと言っているなら廃止すべき。一人ひとりのニーズに応じて上限を設けずサービスを保障すべき」と指摘した。

 社民党党首の福島みずほ・参院議員は「改正案は抜本見直しになっていない。応能負担にすると言っているが中身は分からない。モデルケースでどの程度の負担軽減になるか聞くと、厚生労働省は今後の検討課題と言っている」と問題視した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

■障害者自立支援法改正案 国会審議日程決まらず

---
福祉新聞2430(4/20)号

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■障害者自立支援法改正案 国会審議日程決まらず

障害者自立支援法改正案が3月31日に国会へ提出され、審議を控えているが、その日
程については14日現在、まだ決まっていないことが分かった。政局が不安定なことも
あり、厚生労働省の障害保健福祉部企画課は「日程は、まだ何とも答えられない状況」
だとしている。

国会としては、優先順位の高い法案から順次審議しているが、自立支援法改正案は国
会提出されたのが3月31日と遅かったため、少なくとも年金関係の法案審議にめどが
付いてからでなければ着手することは難しいと見られる。与党筋によると、4月中に
審議をはじめられるかどうかも「分からない」としている。

今改正のポイントとしては、障害者や家族から特に不満の強い利用者負担の見直しな
どがある。障害福祉サービスの利用者負担について、原則を「定率1割」から「家計
の負担能力に応じたもの」に変える。発達障害者も自立支援法の対象となること、自
立支援協議会を設置することを法律上に明記することなども盛り込まれている。

また、関係する法律として児童福祉法、精神保健福祉士法、社会福祉法も一部改正さ
れる。児童福祉法の改正では、障害種別などで分かれている施設を入所か通所にそれ
ぞれ一元化すること、放課後型デイサービスを創設することなどがポイントだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

尼崎市障がい福祉課、福祉医療課と話し合いました

2008年11月19日付の要求書の回答に不満があったので、直接会って話し合いになりました。
1、尼崎養護学校に通う生徒の実情を説明し、市策の不十分さを追求しました。自立支援法が出来て尼崎養護学校に通う父母の様子も変わって、負担も大きく、とくに母親にしわ寄せが来ています。市としてどういう取り組みをしているかを聞きました。
・ 母親の通院を保障できる措置を取ってほしい、については国が事業所の送迎に支援が出る予定なのでそれを利用してください。
・ 母親の入院に際し、短期入所をできるように施設を充実してください。については、新松葉園が出来るようなのでそちらを利用して下さい。利用できる施設は少なく、新しく作る計画はないです。重たい子どもの場合はむつかしい。
2、介助労働者の賃金が低いので一般財源からも支出できるようにしてください。
市側 国の見直しに準じてそれ以上は考えていません
3、福祉医療課から
2009年7月から精神障がい者保健福祉手帳2級の人も医療費助成制度を拡大することになりました。申請主義なので市政ニュースに出しますので届出が必要ですので見てください。
入院費についても18歳以下の子どもたちが入院する場合全額支給します。

少しずつ福祉の見直しがあるようですが、今緊急に困っていることに対応できていません。窓口の対応も親切になっていない事もあり、不満が出ています。障がい者の取りまく環境はますます悪くなっています。市の姿勢として、もう少し暖かい思いやりを持って障害を取り除くよう努力してほしいと要望しました。これからも話し合いを持って改善に努力していきたいという事なので定期的に話し合いをしていきたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

薬減らしました

薬の調整、主治医に相談して、ベゲタミンAを半分量のベゲタミンBに変えてもらいました。調子は良いです。あくる日への負担感もかなり軽減されました。朝も以前に比べると早起きです。と言っても9時くらいまでは寝ていますが。薬の量はここ10年くらい変わっていません。そこで自己流で調整していたのですが、その結果、少し減らしても大丈夫と思うに至りました。9時ごろでも起きていると、一応朝もあり、朝食昼食夕食と一日3食食べらけるし、何より朝の爽快感があります。

次にはヒルナミンを減らそうと思っています。今は25ミリグラムなのですが、それより少ないのはいきなり5ミリグラムになるので、たとえば3錠飲むとかいう処方になるそうです。ヒルナミンはベゲタミンに比べてあくる日への残量感は少ないのですが、影響がないことはないので減らしてみたいです。

朝も8時ごろに起きられるようになればかなり楽になると思います。10年以上続いた薬の量ですが、これでちょっと改善してきたし、もっと改善の余地が有るのは楽しいです。

関係ないですが明日は患者会の花見です。天気をかなり心配したのだけど、曇り空ぐらいで雨は避けられたようです。久しぶりのメンバーとビールを飲みます。楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »