« 薬減らしました | トップページ | ■障害者自立支援法改正案 国会審議日程決まらず »

2009年4月14日 (火)

尼崎市障がい福祉課、福祉医療課と話し合いました

2008年11月19日付の要求書の回答に不満があったので、直接会って話し合いになりました。
1、尼崎養護学校に通う生徒の実情を説明し、市策の不十分さを追求しました。自立支援法が出来て尼崎養護学校に通う父母の様子も変わって、負担も大きく、とくに母親にしわ寄せが来ています。市としてどういう取り組みをしているかを聞きました。
・ 母親の通院を保障できる措置を取ってほしい、については国が事業所の送迎に支援が出る予定なのでそれを利用してください。
・ 母親の入院に際し、短期入所をできるように施設を充実してください。については、新松葉園が出来るようなのでそちらを利用して下さい。利用できる施設は少なく、新しく作る計画はないです。重たい子どもの場合はむつかしい。
2、介助労働者の賃金が低いので一般財源からも支出できるようにしてください。
市側 国の見直しに準じてそれ以上は考えていません
3、福祉医療課から
2009年7月から精神障がい者保健福祉手帳2級の人も医療費助成制度を拡大することになりました。申請主義なので市政ニュースに出しますので届出が必要ですので見てください。
入院費についても18歳以下の子どもたちが入院する場合全額支給します。

少しずつ福祉の見直しがあるようですが、今緊急に困っていることに対応できていません。窓口の対応も親切になっていない事もあり、不満が出ています。障がい者の取りまく環境はますます悪くなっています。市の姿勢として、もう少し暖かい思いやりを持って障害を取り除くよう努力してほしいと要望しました。これからも話し合いを持って改善に努力していきたいという事なので定期的に話し合いをしていきたいです

|

« 薬減らしました | トップページ | ■障害者自立支援法改正案 国会審議日程決まらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎市障がい福祉課、福祉医療課と話し合いました:

« 薬減らしました | トップページ | ■障害者自立支援法改正案 国会審議日程決まらず »