« 9月20日、「いまこそ障害者自立支援法の撤廃を求める集い」へのご賛同とご参加を | トップページ | 保安病棟の自殺者数2 »

2009年8月29日 (土)

保安病棟の自殺者数

精神神経学会のときに、8月22日の医療観察法シンポジウムの席で、僕の質問に対して厚労省の得津氏は、最新の自殺者数について答えると約束しました。そこで今日得津氏に電話して確認しました。結論的には12人、入院で3人、通院で9人ということだそうです。入院については直接厚労省が把握しているとのこと。通院については法務省が把握していて、聞ている数だということでした。通院について最新の情報は法務省が把握しているそうです。また、どこの病院で何人かということは答えられないといっていました。どこの病院かということは運動側で把握している人がいるのかもしれません。
また、詳細については「遺族の希望」をたてにして公表を拒否しています。しかし、推進派のやっているモニタリング調査では本人の了解を得ずに情報を提供していることからするとダブルスタンダードというしかありません。モニタリング調査というのは、任意のサンプルをとってする実態調査ですが、個人情報は他者には公開しないことになっていますが、研究者には公開されています。この調査に本人同意をとっていないことは、それ自体が問題ではあるとはいえ、二重基準になっていることは確実です。また「遺族」として死んだ後も保護者責任をとらせるものでまったく不当なことだと思います。
10月に予定されている厚労省交渉ではこれらの点を追求する必要があると思います。

|

« 9月20日、「いまこそ障害者自立支援法の撤廃を求める集い」へのご賛同とご参加を | トップページ | 保安病棟の自殺者数2 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/46056926

この記事へのトラックバック一覧です: 保安病棟の自殺者数:

« 9月20日、「いまこそ障害者自立支援法の撤廃を求める集い」へのご賛同とご参加を | トップページ | 保安病棟の自殺者数2 »