« 三里塚と弱者抹殺との闘い | トップページ | 10・30障害者大集会 »

2009年10月28日 (水)

加古川労働委員会集会

0910251 0910252 10月25日日曜日の午後、神戸勤労会館にて、加古川郵便局の労働委員会闘争の勝利を願う集会が開催されました。現場労働者の手作りの集会で、講師には大阪労働弁護団の永嶋靖久さんを招き、そのほかの発言者はすべて現場゛労働者が占めました。

写真上は講演する永嶋靖久弁護士、写真下は労働委員会に訴えた江渡前分会長です。

加古川郵便局労働委員会は、組合の機関紙で当局施策の批判文を書いたら、当局から批判を続けるならば組合事務所・組合掲示板を取り上げると最後通告を受け、機関紙の掲示をできなくされたという事件です。また当局施策を批判する組合員に対して不当処分を乱発したことも争点です。

いまは審理は終わり、12月ごろにも決定が出ると言われており、署名の提出とあわせて決定に向けて弾みをつける目的で開かれた集会でした。

講演の永嶋弁護士からは、団結権・争議権の歴史的総括について述べられ、歴史的に発展してきた労働組合がいまの新自由主義で後退させられようとしていること、闘い続ける事と労働委員会の活用で労働組合の権利を守り発展させることの重要性が述べられました。

現場組合員の発言は、処分を受けた当事者や労働委員会で証言に立った労働者、支援の労働者や青年部などが次々に発言に立ち、労働委員会提訴の重要性が浮かび上がるものでした。

|

« 三里塚と弱者抹殺との闘い | トップページ | 10・30障害者大集会 »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/46604827

この記事へのトラックバック一覧です: 加古川労働委員会集会:

« 三里塚と弱者抹殺との闘い | トップページ | 10・30障害者大集会 »