« 「心神喪失等医療観察法」によって13人もの自殺者が  | トップページ | 10・30集会の参加者に何を訴えるのか  »

2009年11月24日 (火)

「殺すな」心神喪失等医療観察法の廃止を求め、「精神障害者」と労働者などが全国集会

0911221  11・22差別と拘禁の医療観察法の廃止を!全国集会&マリオン前リレートークが76人の参加で行なわれました。

「精神障害者」と精神科医療労働者の司会で進められました。

「精神障害者」による基調報告が行われました。「医療観察法は2003年7月に成立、05年7月に施行された「精神障害者」差別立法だ。「精神障害者は危険で何をするか分からないというイメージが作られ拡大された。この法の下での13人の自殺が示すことは、収容されている本人のための医療などといううたい文句どおりではありえないことだ。医療の対象とならない人も収容されている。10%の人は入院が長期化され社会的入院となると厚労省も認めている。2010年に法で定められた見直し時期が来るが、法に見直し規定があっても無視されることは今までもあった。民主党も医療観察法の見直しということは言っていない。政策提言ではダメ。民衆的運動が必要だ。」

弁護士の足立さん。「日弁連刑事法制委員会医療観察法部会の見解は、いい面を評価すべきという意見と保安処分的側面をなくしたいという意見の妥協の産物だ。法を積極的に評価していると取られても仕方ない。内心じくじたるものがある。廃止されるように頑張って行きたい。」

大阪、京都、青森、兵庫の「精神障害者」が発言。兵庫からは「自殺者が13人も出ているのに、厚生労働省はなんらの対策も立てずに情報隠しばかりをしている。『精神障害者』の命はそんなに軽いのか。1970年代に脳性まひ者の全国青い芝の会が『殺すな』と声を上げた。今こそ『精神障害者』が『殺すな』と声を上げよう。」

 全国精神医療労働組合協議会の有我さん。「私たちは治安のために働いているのではない。イタリアのバザリア医師の取り組みに触れる機会があり、実際にイタリアに行ってきた。バザリア医師のトリエステ地方での取り組みで、強制入院のための病院はなくなった。司法病院を除いて、『他害』(他人に危害を加えること)のために強制入院となることはない。『精神障害者』の尊厳が損なわれることはない。力で抑え込んではかえって悪い結果となる。警察の介入は、『精神障害者』が医師や看護師から暴力を受けないためにのみ行なわれる。そういう取り組みを社会全体で、政治が支えている。トリエステ地方では司法精神病院の解体が進んでいる。対象者は年間0人から1人くらいしか現われない。地域のなかで治療しないで、地域から切り離されては治療にならない。司法精神病院の廃止法案を出している。などなど。それらを見聞きして、『やればできるさ』という思いで取り組んで行きたい。」

 DPI日本会議の三澤さんから連帯の挨拶を受けました。大賀さんのまとめで、通常国会初日から国会行動を行なうこと、署名運動に取り組むことが提起されました。

 弁護士の池原さんの音頭でシュプレヒコール。「差別と拘禁の医療観察法を廃止するぞ。予防拘禁法を廃止するぞ。医療観察法を廃止するまで闘うぞ。」と声を上げました。

 その後銀座マリオン前に移動して約1時間街頭演説と署名行ないました。

 これに先立つ、10月29日には、国会院内集会が同じ主催者のもと開催され、9人の議員と18人の議員秘書が参加。全体では50人が参加しました。医療観察法廃止のための国会行動として、大きな関心を集めました。

|

« 「心神喪失等医療観察法」によって13人もの自殺者が  | トップページ | 10・30集会の参加者に何を訴えるのか  »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/46846403

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺すな」心神喪失等医療観察法の廃止を求め、「精神障害者」と労働者などが全国集会:

« 「心神喪失等医療観察法」によって13人もの自殺者が  | トップページ | 10・30集会の参加者に何を訴えるのか  »