« 10・30集会の参加者に何を訴えるのか  | トップページ | 厚生労働省精神保健福祉課への質問と回答 »

2009年12月 4日 (金)

漢方薬が保険適用でなくなる!

民主党の行なっている「事業仕分け」の結果、漢方薬が保険適用でなくなるかもしれません。「事業仕分け」で保険適用の予算が削減となったためです。

漢方薬を使う西洋医は多いし、漢方専門の医院も多くあります。私の場合も漢方薬で劇的に症状が改善されました。西洋薬ではどんなに薬を飲んでも頑として効かなかった不眠症が、漢方薬で劇的に改善され、一時期は西洋薬がなくともよいほどになりました。今は西洋薬と併用しています。

漢方薬を保険適用でなくされると、当然にも自己負担は激増します。私の場合は自己負担が自立支援医療の上限に達しているために負担額は変わりませんが、影響を受ける人は多いはずです。

漢方薬を西洋薬にくらべて一段低く見る発想なのでしょう。栄養食品と同一視しているのかもしれません。しかし、私のように漢方薬を主として西洋薬を補助的に使うなど、漢方薬の効果は大きいのです。

「事業仕分け」見直しの署名は短時間に4万人集まったそうです。それほどの大きな問題です。「事業仕分け」全体化問題があるとは思わないけど、この問題は決して軽視できないことです。

|

« 10・30集会の参加者に何を訴えるのか  | トップページ | 厚生労働省精神保健福祉課への質問と回答 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/46932776

この記事へのトラックバック一覧です: 漢方薬が保険適用でなくなる!:

« 10・30集会の参加者に何を訴えるのか  | トップページ | 厚生労働省精神保健福祉課への質問と回答 »