« 三里塚闘争千葉地裁判決 | トップページ | 路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査 »

2010年2月28日 (日)

三里塚裁判傍聴記 

反対同盟と弁護団は最後まであきらめなかった。まず仲戸川の忌避申し立てを行なった。忌避を民事3部にかけたところ仲戸川自身が5部に引き取ってただちに却下。理由も言わずに忌避申し立ての濫用だというのだ。

10時52分、裁判が開始されるとすぐに葉山弁護士をはじめとしてすべての弁護士が口頭弁論再開を求めて意見陳述。北原事務局長も陳述を行った。

 8.9坪も対象を拡大しながら弁論を拒否することの不当性。井戸を残すことは石橋との間で確約したことだ。建物とは別個の権利がある。反論の保障がないままの結審は納得できない。木造の建物は家屋番号の付いた登記された建物だ。その木造の建物は現存している。現場検証をすれば明らかになる。石橋への反対尋問を何度も求めているのに与えられない。嘘の陳述が判決の根拠となる。

 裁判官が裁判を破壊している。空港闘争の破壊のために起こされた裁判だ。司法の独立といえるのか。公平らしさと言えるのか。訴訟指揮権の濫用だ。国策をこの場で宣言するだけで裁判とはいえない。弁論再開の申し立てに応答せよ。地裁前のデモ行進の声を聞け。

 北原反対同盟事務局長が陳述。何回も現地調べをお願いした。なぜ現地調べをしないのか。一方的裁判で裁判といえるのか。片寄った判決としか言えない。これは裁判とはいえない。現地調べからやり直してください。真実は一つです。裁判をやり直してください。

 仲戸川ら裁判官は暫時合議するといって後ろに消えた。20秒もたたないうちに戻ってきて、合議の結果弁論を再開しないという。10秒足らずの間に合議したというのか。

 判決主文を読み上げる。怒号のために良く聞き取れない。「一切を明け渡せ」という判決だ。市東さんが仲戸川につかみかからんがばかりに抗議。法廷は怒号につつまれた。

しばらくみんなその場に留まった。仮執行があれば抗議するためだ。衛視が裁判は終わったから出てくれと繰り返す。弁護士が傍聴席に「仮執行宣言は無し」と伝えた。それを聞いてみんな一安心して法廷を後にした。

|

« 三里塚闘争千葉地裁判決 | トップページ | 路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査 »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/47692875

この記事へのトラックバック一覧です: 三里塚裁判傍聴記 :

« 三里塚闘争千葉地裁判決 | トップページ | 路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査 »