« バザーリアの改革【2】 | トップページ | ―第6回推進会議から― »

2010年3月30日 (火)

成田空港反対全国集会

1003283 3月28日、三里塚空港反対全国集会に行ってきました。1530人が全国各地から集まりれました。1003282 発言にたった三里塚決戦勝利関西実行委員会の永井さん、山本さんは三里塚と沖縄の闘いを結びつければ勝利に向けた大きな転換点になることを訴えました。

今回の集会は、暫定滑走路への第三誘導路建設とそのための市道の廃止を許さないためのものです。第三誘導路は空港敷地内農家である市東孝雄さんの自宅を空港の内側に囲い込んで孤立させるために造られます。今の誘導路がへの字に曲げられていて、危険だといわれているのは市東さんの畑と天神峰現闘本部のためであり、第三誘導路はその矛盾を解決するものでは在りません。そもそもこのような矛盾が生じたのは、工業化と軍事目的ならば農民は犠牲になれという成田空港建設の矛盾の反映です。農民が「俺は犠牲になるのは嫌だ」「農民を犠牲にすることは許さん」と立ち上がればこのような空港建設はそもそも不可能なのです。今の空港敷地内農家は、航空政策と軍事利用という成田空港に反対して土地を売らなかった人々です。農地を強制取り上げするための強制代執行は、空港建設計画から時間が経ちすぎているために時効になっていて使えません。そのために民法や農地法を使って敷地内農家の農地取り上げを図っているのが空港会社と政府の姿勢です。空港建設の目的は資本家の金儲けと戦争のためであり、正義は敷地内農家の方にあるのは明らかです。資本家一人と農民一人では資本家の方が重たいというのが今の社会です。そんな理屈は資本主義社会だから通じるだけのものです。農民が起ち上がれば粉砕されてしまうだけのものです。

第三誘導路建設とそのための市道の廃止で市東さんの営農は極めて不自由にされます。市道の廃止のために市東さんが自分の畑に行くのに3倍遠まわりで交通量も格段に多い道路をトラクターで行かないといけない等、いじめとしか言えません。

空港会社は仲戸川裁判長に泣きつき現闘本部裁判で仮執行の判決を出させて現闘本部を撤去し、一挙に市東さんの畑の取り上げに走ろうとしました。しかし、裁判闘争と法廷内外の闘いによって仲戸川がびひり上がり、仮執行宣言をつけなかったため、計画は大きく齟齬をきたしています。

反対同盟は4~5月に市道廃止と誘導路建設の攻撃があると見て緊急全国集会をはじめとした緊急闘争を呼びかけています。4~5月は沖縄普天間基地撤去新基地建設阻止の大闘争と重なり合い、両者がともに大きく飛躍するかどうかという闘いにもなります。

すでに4月25日の基地県内移転反対の沖縄島ぐるみ闘争に反対同盟をはじめとする三里塚勢力が参加していくことが訴えられています。沖縄が三里塚のように闘い、三里塚が沖縄のような大衆性を獲得するということになれば、人民が勝利するのは明らかです。今その闘いの剣が峰、人民の正義はどこにあるのか、その勝利のてこはどこにあるのか、一人ひとりが考え判断して行動しましょう。1003281

|

« バザーリアの改革【2】 | トップページ | ―第6回推進会議から― »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

三里塚と並ぶ人民の闘いである狭山差別裁判の今を伝える記事が出ていました。下記アドレスにて見ることが出来ます。

http://gekkankiroku.cocolog-nifty.com/edit/2010/03/post-2a1d.html

投稿: | 2010年3月30日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/47948633

この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港反対全国集会:

« バザーリアの改革【2】 | トップページ | ―第6回推進会議から― »