« -第2回総合福祉部会、当面の課題を議論- | トップページ | 与党による「障害者自立支援法一部改正案」提案に断固反対! »

2010年5月22日 (土)

成田で敷地内農民を不当逮捕

このブログでもたびたび報じていましたが、成田市三里塚で農業破壊に反対して、成田空港に反対している農民たちがいます。私たちもその方たちと連帯して、工業化と軍事目的であれば農地を強制取り上げしてもよいという日本の空港政策に反対してきました。空港の敷地内には今も反対農家が残っており、空港の延伸を阻止し、誘導路をへの字に曲げるという抵抗をしています。

この農民たちの農地を強制取り上げするために、1970年代から土地収用法による農地取り上げが策動されていました。

しかし、土地収用法は有効期限を過ぎてしまい、この法律で取り上げることは出来なくなっています。そこで国家権力や空港会社が思いついたのが民法を悪用しての取り上げです。今空港会社は敷地内農民を相手に民事訴訟を起こしています。そして、それだけではなく、嫌がらせによって追い出すという攻撃もしています。農家の上空数十メートルのところをジェット機を飛ばしたり、地上でジェット排気をかけたりしてきました。

そして今回はそれだけではなく、敷地内の市東孝雄さんの家を空港内の島状に誘導路で囲い込むことをしようとしています。そのために一本を建設するのに200億円かかる誘導路を一つの滑走路に対して3本の誘導路を作ろうというのです。そのために一日150台くらいの通行量があり、市東さんが農地に行くために欠かせない市の道路を廃道にして空港会社に売り渡すということに成田市は踏み切りました。市道の廃道のためには、利用する人がいないことが条件であると道路法で定められています。成田市は市道廃止を、利用する人はたくさんいるし、この道路が廃道になると市東さんは自分の農地に行くのに三倍の距離を交通量の多い回り道をトラクター等で行かなければならなくなるのにもかかわらず強行しました。

そして、5月20日の市道廃止を前にした17日に、まだ市道は廃止されていないし空港会社のものにもなっていないにもかかわらず、空港会社は私道だから通行止めにするというたて看板を市東さんの家のまん前に立てました。怒った市東さん当然の抗議をしたところ、警察権力は「待ってました」とばかりに市東さんと現闘の一人を不当逮捕したのです。

市東さんは獄中から「農民の本気さを権力に知らしめた」闘いを誇り、不屈に獄中闘争を闘っています。この闘いの恐れをなした国家権力は、10日間の拘留延長を決定しました。逃亡の恐れとか証拠隠滅の恐れがないにもかかわらず、警察権力と検察の思うがままに裁判所は拘留延長を決定しています。

今、千葉地裁と、千葉地検に対する抗議の要請が出されています。多くの皆さんが不当な拘留延長を弾劾し、更なる拘留延長を許さないために抗議を集中してくださるようにお願いします。

抗議先
 千葉地方検察庁
  〒260-8620 千葉市中央区4-11-1 千葉第2合同庁舎
  電話 043-221-2071
  メールは、千葉地検内のサイトから送信してください
       http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/chiba/chiba.shtml

 千葉地方裁判所
  〒260-8620 千葉市中央区4-11-27
  電話 043-222-0165

|

« -第2回総合福祉部会、当面の課題を議論- | トップページ | 与党による「障害者自立支援法一部改正案」提案に断固反対! »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/48424466

この記事へのトラックバック一覧です: 成田で敷地内農民を不当逮捕:

« -第2回総合福祉部会、当面の課題を議論- | トップページ | 与党による「障害者自立支援法一部改正案」提案に断固反対! »