« 関西障害者集会に向けて | トップページ | 推進会議の意見書まとまる »

2010年6月15日 (火)

推進会議が抗議声明

障がい者制度改革推進会議の構成員一同より、「障害者自立支援法の一部を改正する法案」の進め方に対して抗議声明が出されました。政府機関が別の政府機関に対して抗議を公にするというものです。推進会議無視で法が制定されようとしているという事態に対して、今まで外部からの抗議はたくさんありましたが、推進会議としては初めての意思表示です。強い遺憾の意を表明する同声明を政府与党はちゃんと聞いて法の廃案を進めるべきです。

議員運営委員長 西岡武夫 殿
   FAX 03-5512-2542

民主党 御中
   FAX 03-3595-9961

2010年6月11日
内閣総理大臣
障がい者制度改革推進本部長
菅  直人 殿

障がい者制度改革推進会議構成員一同



要望書



 障がい者制度改革推進会議のもとに設置された総合福祉部会において、「障害者総合福祉法(仮称)の実施(制定)以前に早急に対応を要する課題」について、4月の同部会立ち上げ以降、本日まで議論が進められてきました。

 しかし、そうした議論の最中にもかかわらず障害者自立支援法の一部改正が関係者への情報提供なく進められたことに対して、同部会構成員一同から強い遺憾の意の表明とともに、推進会議及び同部会の議論が尊重されるよう要望する旨の意見の提示がありました。

 推進会議構成員一同はこれと意見を同じくし、推進会議の議論が尊重されるよう要望するものです。

|

« 関西障害者集会に向けて | トップページ | 推進会議の意見書まとまる »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/48636216

この記事へのトラックバック一覧です: 推進会議が抗議声明:

« 関西障害者集会に向けて | トップページ | 推進会議の意見書まとまる »