« 「心神喪失等医療観察法」の廃止を求めて | トップページ | 署名用紙 »

2010年10月13日 (水)

JR西日本障害女性レイプ事件

皆さん。
ぜひ皆さんにご協力をお願いします。当面は署名と裁判傍聴のお願いです。
JR西日本職場で、上司によってレイプされた脳性まひ者女性がいます。1級障害者です。一審は敗訴しました。二審高裁では、弁護士も専門家に変え、新たな体制で臨んでいます。一審では加害者の出してきた、一見恋愛関係のもつれにも見える証拠のみを採用し、被害者側の証拠証人を一切採用しないというまったく不当な判決でした。二審ではそれがレイプ事件に特有の問題であることを証拠証人で新たに提出しています。
署名は「原判決を見直し公正で丁寧な審理」を求めるものです。一般に一審をひっくり返すのには二審で事実調べをさせる必要があるといわれています。やはりこの裁判でも公開の事実調べをさせる必要があると思います。詳しくはチラシを付けておきます。署名は電子署名でも結構ですが、署名用紙及びチラシの墨字版は、請求くだされば添付してお送りします。署名の期間は第一回弁論までの10月末までと短期間ですがよろしくお願いします。
呼びかけチラシ
勤め先(JR西日本)の上司から性的暴行を受け、一人で裁判をたたかっている障がい者女性がいます。
 多くのみなさんのご支援によって控訴審を勝ちたいと願っています。注目と傍聴、ご支援をお願いします。
11月4日(木) 午前10時
 大阪高裁81号法廷(別館8階)
 【事件の経過】  
里美さん(兵庫県 現在36歳)は、JR西日本に「障がい者雇用促進」制度で採用された、1年更新の契約社員です。生まれつきの脳性麻痺で、四肢に障がい(重度1級)があります。パソコンが堪能で、男ばかりの現場で、事務仕事をしてきました。
 事件がおきたのは、今から約3年前。会社の慰安旅行の帰りに、上司であるAに、強引にホテルに連れ込まれ、カミソリで脅されて性行為を強要されました(里美さんは、障がいゆえに、押し倒されたら自分で起きあがることは困難です)。事件後Aは、さも2人がつき合っていたかのように装うともに、「会社に言ったらお前の契約更新はないぞ」と里美さんを脅しています。Aの行為は、里美さんの障がいと、契約社員という会社での弱い立場を利用した、きわめて悪質なものです。
 里美さんは一人で苦しんだ末、事件から半年後に、詳細を会社に告発しますが、会社のセクハラ対策室は、「そんな事実は無かった」と結論をだしました。里美さんは納得できず、一人で弁護士を捜しまわり、ようやく提訴にこぎつけました。
 【一審判決の問題点】  
ところが、今年6月に出された一審判決は、里美さんが半年間事件を告発できなかったことや、事件後かわされた一見「親しげ」なメールの内容などを理由に、加害者である上司の「合意の上だった」という言い分を認め、里美さん敗訴の判決を下しました。 この判決は、里美さんの障がいや、職場内での上下関係の圧力、性暴力被害女性のおかれた心理状況について考慮せず、加害男性や会社の言い分のみを採用したもので、性暴力、とくに障がいをもつ女性に対する性暴力を野放しにしかねないきわめて危険なものです。里美さんは、ショックでくじけそうになりながらも、「こんな事が許される世の中でいいのか?」という思いで控訴し、とことんたたかうことを決意しました。
【ご支援をお願いします!】
 里美さんのたたかいは、契約社員などの弱い立場の女性や、障がい者の女性への犯罪など、闇に葬られてしまうことの多い、性暴力犯罪を明るみに出し、同じような境遇にいる女性たちに、大きな勇気と展望を開くものと思います。
 里美さんは、被害女性の救済と同時に、加害者をなくすことにもつながれば、と事件の公表を決意し、支援を訴えています。多くのみなさんが、里美さんのたたかいを支えるため、ぜひ署名のご協力と裁判の傍聴をお願いします。
  里美さんの裁判を支える会(準備会)
           連絡先 090-9718-1139(奥村)090-3054-0947(高見)
              (出ない場合は、留守電にお願いします。折り返しお電話させていただきます。)
署名用紙
平成22年(ネ)第2196号 損害賠償請求事件      
       
       
大阪高等裁判所第5民事部  御中       
       
       
JR西日本上司からの性暴力を告発する                                 里美さんの裁判の公正審理を求る署名      
       
       
       
 JR西日本に勤める里美さんは、上司から受けた性暴力を勇気を持って告発し、裁判をたたかっています。        
       
 加害者である上司Aは、四肢に障がいのある里美さんを、カミソリで脅して性暴力に及んでいます。事件後は、さも2人がつき合っていたかのように装うともに、「会社に言ったらお前の契約更新はないぞ」と、繰り返し里美さんを脅しています。上司Aの行為は、里美さんの障がいと、契約社員という会社での弱い立場を利用した、きわめて悪質なものです。                                                   
       
       
       
 この裁判は、泣き寝入りを強いられている多くの性暴力被害女性、障がい者女性の命運を決める重要な位置をもっています。大阪高等裁判所は、勇気をもって事件を告発した里美さんの訴えに真摯に耳を傾け、原判決を見直し、公正で丁寧な審理をしてください。       
       
       
氏名   住所    
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
第1次集約  2010年10月末       
   里美さんの裁判を支える会(準備会)    
    連絡先 〒561-0832豊中市庄内西町2-12-22奥村方   
      090-9718-1139(奥村) 
      090-3054-0947(高見) 
       

|

« 「心神喪失等医療観察法」の廃止を求めて | トップページ | 署名用紙 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

レイプは、許せない。自分の子供のことを考えたら、本当に許せない。同時に、実りある性的な関係を破壊する行為であり、ひどい。性的な結びつきのすばらしさを忘れずに、大切にしつつ、考えたい。
ところで、京阪電車内で、京都大学の全額連の男性が、痴漢をしたと言うこと、それで退学処分になったことなども、話題になった。性差別、痴漢犯罪に反対だ。とともに、もっと、性的つながり、人間関係の大事さ、豊かさを、考えたいです。高齢になると、特に、性的人間関係の大事さも身にしみます。精神的にも、身体的にも、。

投稿: レイプ | 2010年10月14日 (木) 10時11分

本当に酷い事件だと思います。JR西日本の組織そのものが腐っているのではと疑いたくなるような事件です。加えて、一審判決の裁判官の判断も信じ難い内容です。被害者の方、並びに支援団体の方々を心より応援しています。

投稿: | 2011年4月13日 (水) 14時50分

今日始めてTVで事件を知りました。
同じ女性として、人としてその男性社員を許せません。
加えてJR西日本の対応にも幻滅しました。
何もできませんが、心より完全勝利をお祈りしております。
絶対に消えることない真っ黒な体験で本当に悔しくて悲しいと思います。
被害者様が仰るようにどうか毅然としてがんばって下さい。応援しております。

投稿: 30代女 | 2011年11月25日 (金) 08時53分

会社の対応を記録した録音テープがテレビで公開されました。
JR西日本は言い逃れができなくなり、厳しい世論にさらされることになります。

投稿: | 2011年11月25日 (金) 08時54分

ドキュメント見ました。

諦めないで下さい!

その卑劣な人の風上にもお
けない上司を謝らすまでは


JRと言う会社は
一体どんな社員の集まりな
んでしょうか。

疑問で一杯です。

投稿: | 2012年1月22日 (日) 05時03分

昨日テレビ見ました。
JR西日本のレイプ社員、相談窓口の社員の対応、裁判官の判断、全てに納得が行きません。障害者に対する偏見的視点が有るような気がしてならなかった。最初見ていて自分にもそれがあった様に感じた。テレビを最後まで見て凄く反省した。絶対勝たないといけない裁判だと思った。里美さんの2人のお子さんの為にも辛いだろうけど絶対負けないで!勝つまで応援し続けます!頑張って下さい。又、裁判で勝った後の世間の目…そちらの方が永く辛いかもしれない。そんな世の中事態を変えて行かなきゃいつまでたっても無くならないだろう。教育の根本的な根っこの部分から変わらなきゃ日本人の嫉妬や妬みは恐ろしい。因果応報をしっかり日本の教育で教えるべきだと思う。でないと余計生きにくい世の中になってしまう。自分達もいつかは死ぬ前に必ず障害者になるんだから。他人事では無く全てか自分事!

投稿: 応援し続けます! | 2012年1月22日 (日) 07時50分

テレビで初めて知りました
立場を利用した悪質な上司。
その時は本気で付き合ってたと言えば聞こえが良いから

会社も障害者雇用を利用したなら身体の事も理解してたはず
利用したり悪い事をしなければ苦しみの末に晒す事は無い被害者の辛さを考えて欲しい

頑張って下さい

投稿: | 2012年1月24日 (火) 16時38分

テレビ見ました。
こんな事が許されていいのでしょうか。障害者、健常者 関係なくレイプは本当に許されない事!こんなにも露になっている実状、証拠がないからって平然としらを切る西日本JRの社員。未だに謝罪の一つもない西日本JRの社員。
同じ人間として恥です!
負けないでください、応援しています!

投稿: | 2012年1月30日 (月) 03時26分

パソコンの動画サイトで知りました。
あなたは強い!!
僕は今は自分のことで精一杯で心の余裕がなく協力してあげれないけど、僕は里美さんの願いが必ずかなうと信じています。

投稿: | 2013年1月27日 (日) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/49735682

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本障害女性レイプ事件:

« 「心神喪失等医療観察法」の廃止を求めて | トップページ | 署名用紙 »