« 兵庫県精神障害者連絡会代表の声明 | トップページ | 18日のもよう »

2010年11月18日 (木)

衆院委員会

1111174

17日、衆議院厚生労働委員会で障害者自立支援法の改定案が可決、本会議に送られました。障害者や介護者が400人集まり、傍聴にも80人がはいるなかでの暴挙です。

この暴挙に対して障害者は全国から集まり、怒りの声を上げました。怒りネットも新潟や関西からも駆けつけ約30人が参加しました。

1111172

1111173_2

法案は質疑もまったくおこなわず、意見発表と言うわけの分からんことで、共産党と社民党の議員が10分くらい発言したが、言いっぱなしのまま、採決が行なわれ、傍聴席から怒号が飛び交う中わすか14分で議事はおわりました。

議場の外では、「私たち抜きに私たちのことを決めるな」「大企業と政治家の利益のために障害者を利用するな」と、怒りの発言が続きました。

怒りネット関西からは夜行バスで2人が参加別便で参加した1人を加えて、関東の仲間とともに午前中一杯さいごの議員オルグを行ないなした。民主党の議員秘書はその場逃れの対応に終始していましたが、議員に伝えるように念を押しておきました。

今日18日衆院本会議を経て次は参議院での闘いになります。最後まであきらめずに頑張りましょう。

|

« 兵庫県精神障害者連絡会代表の声明 | トップページ | 18日のもよう »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/50062532

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院委員会:

« 兵庫県精神障害者連絡会代表の声明 | トップページ | 18日のもよう »