« 里美さんの裁判高裁初公判 | トップページ | 11・21関西空港反対集会のご案内 »

2010年11月 8日 (月)

これでええんか橋下「教育改革」 あかんやろ!新勤評を許さない12・19全国集会

競争また競争の「教育」で、
 子どもたち自身が幸せになれますか?
 未来への希望が見えますか?
  子どもの権利は、競争の中にはありません


日時 2010年12月19日(日) 11時30分開場
          12時00分 プレ企画開始
          13時00分 オープニング企画   13時30分 開会

          パネルディスカッション(13:35~14:20)
                  研究者・弁護士・訴訟団・保護者・卒業生・教職員
    各地、各団体・個人からの報告やアピール(14:20~15:40)
    集会実行委員会からの行動提起と決議

     16時45分 デモ (ありの方向)

場所 大阪市中之島中央公会堂・大ホール(1200人規模)
                         地下鉄 淀屋橋または北浜駅下車
        http://osaka-chuokokaido.jp/access/index.html

協力券 1000円(学生、無職の方は無料)

主催 12・19全国集会実行委員会
連絡先: 新勤評反対訴訟団
   〒530-0047
 大阪市北区西天満4丁目3-3星光ビル1階
  電話/FAX 06-6311-1250
   URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/.kinpyo-saiban/
   Eメール:shinkinpyouhantai@trad.ocn.ne.jp

第2回集会実行委員会を10月10日(日)午後に開きます。
ご参加いただける場合、上記Eメールアドレスまでご連絡ください。

********************************

新勤評は、子どもたちの教育への権利を切り捨てます

2006年11月、大阪府の公立学校教員105名が、「大阪府教職員の評価・育成システム」は
憲法と教育基本法に反すると主張して裁判を起こしました。裁判は、最高裁で継続中です。
大阪府がこの制度で教職員に求めているのは、教育長→校長→教職員という上意下達の命令系統の中で、与えられた指示どおりの「教育」を実行できる「能力」です。
教育の内容が目の前にいる子どもにとってどういう意味を持つのかは、一人一人違っているのに、その意味を問わずに、ただ効率的に実行する「教育プロ」は、子どもたち一人ひとりの権利を切り捨てていきます。
大阪府の橋下知事は、来年度にもこの制度をさらに改悪し、教員間、学校間の競争をどんどん加熱させる施策を教育の現場に押しつけようとしています。

大阪の教員評価制度は、全国に先駆けて給与への全面的な反映を強行しました。
大阪での制度の定着と強化は、全国に影響を与えるものになっています。
集会では、全国の教員評価の実態を交流し、新勤評制度の全国化を許さない取り組みの
全国化を呼びかけたいと考えています。


大阪での本集会は、橋下知事による競争と排除の教育に反対します

橋下知事は、全国学力テストに加えて、来年度から大阪独自の学力テストも実施し、市町村別正答率を公表して学力競争を煽ろうとしています。
それを通じて、学校全体を「経営体」に変貌させようとしています。
府立高校では、「進学指導特色校」の指定を受けた10校が、「特色校学力スタンダード(進学特色校の学力基準)」と「世界に通じる日本一のカリキュラム」を作り、その成果を検証する「学力診断共通テスト」、「事業評価基準」作りも始めています。
橋下知事は、進学指導特色校にはどんどん予算をつけると、進学実績による府立学校の差別化を当然のことのように宣言し、進学特色校の教員には特別の「ステータス」を与えるとしています。

支援学校では、知的障がい支援学校の就職率向上を数値目標化し卒業後に就職の見込める「軽度の知的障がい」の生徒を積極的に入学させる動きも出ており、障がいのある子どもたちの中での選別が行われようとしています。
その一方で、障がいのある子どもたちが普通学校で共に学ぶための「共に学び、共に育つ」教育の制度保障は前進していません。
小中学校と府立高校で進む「学力」を基準とした能力主義教育と障がいのある子どもたちの普通教育からの排除は一体のものです。

また、大阪府は、今年度予算に大阪朝鮮高級学校生徒の授業料無償化にともなう大阪府独自の補助金を計上しています。しかし、橋下知事は、朝鮮学校の教育内容変更を含むすべての条件を飲まない限り執行しないと差別的な姿勢をとり続けています。民族差別と学力(「能力」)差別。
憲法を踏みにじる暴挙は許せません。

|

« 里美さんの裁判高裁初公判 | トップページ | 11・21関西空港反対集会のご案内 »

コメント

障碍者3名に対して詐欺罪等をでっち上げ、不当逮捕等の弾圧を行い、今でも、勾留を続けている。この滋賀県警と大津簡裁に抗議しよう。電話・FAXでの抗議をしよう。
それにしても、障碍者から携帯電話を奪おうというひどい攻撃を許してはいけない。携帯電話は、まず、障碍者、高齢者が、その利便性を使えるようにするべきだ。これが、福祉だ。これを否定する福祉つぶし、障碍者殺しの滋賀県警、大津簡裁を許せない。

投稿: 滋賀県警弾劾 | 2010年11月11日 (木) 12時24分

貴重な書き込みありがとうございます。

しかし、あなたの書き込みでは、何があったのかわかりません。

まず、どのようなことで不当弾圧を受けたのかきちんと明らかにしてください。また、不当拘留と携帯電話とどういう関係があるのかも明らかにしてください。

宜しくお願いします

投稿: 滋賀県警弾劾さんへ | 2010年11月11日 (木) 13時09分

10日抗議行動貫徹・・・京都生協の働く仲間の会
1,
10日朝8時15分、大津駅頭でビラまきに参加しました。15人ほどの参加で、一生懸命がんばりました。県庁などの公務員労働者の波です。そこに、ビラは、次々に受け取られました。
「滋賀県警が、また、えん罪を作っている。」
「おはようございます」
「福祉つぶし」
「障碍者弾圧反対」などの呼びかけがビラ配布とともになされました。
ビラを受け取った人々には、ありがとうございますと、呼びかけました。
みんな、興味津々、好意的に笑顔で受けとる人が多かったです。
同じ時間帯、英会話教室のビラまきが、カナダなどのからの外国人教師によってなされていました。、そういう方々とも、仲良しになりました。ビラをくれと言われ渡しました。そしたら、講義で勉強しますと述べていました。
他、大津地裁、大津簡裁にもビラがまかれました。なんと、大津簡裁は、勾留延長を認めたのです。全く不当です。心身に障害を持ったり、「病気」である障碍者仲間を、明らかに不当な勾留延長するとは、決して認められません。
2,
Fさんも車いすで参加しました。Fさんにその姿とその人なつっこく人々に接する姿に接したときに、だれもが、必ず。このFさんにも、警察署に連行し、供述書を取ったことに、その怒りは、みなさん誰もが思うところでしょう。間違いありません。
3,
その後、草津警察署に抗議行動に行きました。大津から回数券で210円です。10人ほどが、一緒に抗議に行きました。滋賀県は、田舎ですが、東海道線沿線は、工場も多く、工業団地、NECや日清などの大きな工場などがあります。草津警察署は、JR草津から歩いて、10分ほどです。車いすのFさんを先頭に悠然と、しっかりと、抗議に向かいました。
草津警察の留置所の横の駐車場から、抗議のシュプレヒコールをあげました。まさに、草津の秋の空を突き破るシュプレヒコールでした。丁度留置所から腰縄をかけられ、手錠をかけられた人が、警察官に連行されていきました。Tさんではありません。改めて、ここが間違いない、留置所だと確信ししっかりシュプレヒコールを突き刺してきました。ハンドマイクはなかったのは、準備不足でしたが、十分に、草津警察の空気をふるわせました。
それであわてた留置所警官が、窓の鍵かけに走り回るという有様でした。
4,
いよいよ草津警察内へ、堂々と入場です。面会は、接見禁止であり、できませんとのことでした。そんな不当は許せないと、がんがんと抗議。面会できないと言えないまでに行きました。しかし結果は、面会はやはり無理でした。ここでも一つ抗議。こんな事で引き下がらんぞと言う気持ちです。
つぎに、差し入れです。
草津警察は、課長が出てきたり、管理職が次々と出てきました。そこで、そのでたらめな対応にしっかりとただし、次々と謝罪をさせました。
1つは、
差し入れは、代表一人だ。などということは、全くでたらめだと言うことです。これについては、きちんと「不適切であった」などと、謝罪させました。
結局、2回に分け、総勢7人が差し入れに、堂々と留置所奥へ入っていったのです。残念ながら、留置所内は見ることはできませんでしたが、私たちの声は、次々と留置所内に、大きく届いたことでしょう。
2つは、
そもそも面会、差し入れの規則を見せるように、要求したところは、規則を持ってくると言っておきながら、長く待たせるなどのひどい対応でした。そもそも規則など、あってないようなもので、口から出任せで、差し入れは代表一人だなどと言ってきたのでした。そもそも自分たちで勝手に規則を作ることも、許せないが、その規則さえ、面会、差し入れに来た人に、見れないようにしているとは。私たちは、京都生協による就業規則公開における不正をすぐに思い出しました。とことん糾弾しました。この点も、草津警察は、謝罪しました。
本当なら、「起立、礼」して謝罪しろと言えばよかったとも後から思いました。なお、この、「規則」は、交付させました。
3つは、草津警察玄関は、8人ほどの抗議団、面会差し入れ団で、占拠されました。車いすを先頭にした徹底糾弾です。これに対してハンドマイクを持った防弾チョッキの管理職が、「あなた達の場所ではない。じゃまだ」とか、「大きな声を出すな」とか、大きなハンドマイクの声で言ってきました。
しかし、これには、激しくもう抗議。車いすのFさんが先頭です。
「警察署は、俺たちの税金でできている。何が、じゃまだ。」の抗議の声。
「人を勝手に捕まえておいて、何を言うか。すぐに釈放しろ。」
「警察署の玄関にも、車いすがある。福祉のため、不便を強いられている障碍者や高齢者のために準備したのだろう。その不便を強いられている障碍者を逮捕する、勾留するとは何事だ。すぐに返せ」など追究の声が響きました。
5,
Tさんは、ピースウオークで九州から東京まで歩いた方だそうです。みなさん、こんな反戦平和を思う障碍者仲間への弾圧など、絶対に許してはいけません。また、障碍者自立支援法廃止に向けても、一生懸命、がんばってきた障碍者です。そればかりではありません。三里塚などの取り組みにも、他の車いすの障碍者であるFさんなどの車いすを押して参加を常連的にしてきた人です。そして今回も、APEC反対集会行動の先頭にいたはず人です。そのTさんたちを、権力は、奪ったのです。
6,
今回は、確かに、警察権力、検察権力、裁判所権力が、一線を越えて、心身障碍者らへの重大な弾圧を加えてきたのです。しかし、私たちは、これを必ず、倍返し、3倍返しで、反撃しましょう。こんな暴挙の絶対に許してはなりません。確かに、闘い障碍者は、重大にビビりました。しかし同時に、決意を固めて、なにくそと立ち上がっています。
7,
それにしても、携帯電話の貸し借りが、詐欺だとしての逮捕、勾留です。こんなひどい話しがあるでしょうか。便利な携帯電話を、福祉の目的に、便利に、どんどん、障碍者が、高齢者が使えるようにすることこそ、重要です。今日では、裁判所にも、警察署にも、車いすが置かれているところが多いと思います。当然です。障碍者や高齢者が、どんどん便利を獲得する、そうして、健常者と同じように、社会参加できるようにすることが、大事だからです。ところが、携帯電話をどんどん福祉に使うことを、詐欺だなどと言って、刑事弾圧する。これは、障碍者、高齢者の福祉を破壊する行為であります。絶対に許せません。
8,
面会を勝ち取れなかったのは、残念です。が、十分に、11月10日行動を貫徹しました。多くの初めての方が、参加されました。また、初めての知り合いができました。感謝です。是非、Tさんたちを奪還するまで、ともにがんばりましょう。10月29日の1万人集会の障碍者等々の人々は、Tさんの横にいます。三里塚反対同盟のみなさんも、横にいます。ともにがんばりましょう。以上。

投稿: 京都生協の働く仲間の会 | 2010年11月11日 (木) 13時24分

携帯電話を知人に貸したら、逮捕・勾留!?
大津簡易裁判所による勾留決定弾劾

去る11月1日朝、滋賀県警は京都・滋賀の3名の「障害者」の居宅を`詐欺の疑い'で家宅捜索し、うち2人を逮捕しました。もう一人のFさん(女性)も`任意同行'と称して草津警察署まで連行し供述調書作成に応じるよう強要するという極めて暴力的で差別的な攻撃をかけてました。
 そして逮捕された2人に対して、2日・3日に、それぞれ大津簡裁の渡辺淳裁判官と千松順子裁判官は、勾留決定を行いました。
 `詐欺容疑'というのはTさんが、自分の名義の携帯電話をFさんに貸していて、Fさんが使用したというものです。携帯電話を友人同士で事情によって借りたり、共用したりすることはよくあることです。それをいちいち`詐欺だ'などと言うのは、有り得ないことです。
APECを前にした政治弾圧
警察が言う「名義貸し」が問題になるのは「振り込め」詐欺などの悪質な犯罪に利用される場合です。
 しかし、こんかい滋賀県警によって不当な弾圧を受けたTさんらは全員、それぞれのあり方の「障害者」です。
Tさんは「障害者」として障害者自立支援法撤廃や反戦・反差別の活動に参加し、他の「障害者」のサポート役も積極的に引き受けています。Fさんは古くからのTさんの仲間です。
Tさんが、友人に携帯電話を貸したことを、`詐欺容疑'だと警察が強弁するのには、背景があります。
それは同じ11月1日、Tさんの`詐欺容疑'を口実にして、もう1カ所、大阪にある反戦活動の事務所にたいしても、滋賀県警が家宅捜索を強行しました。そこで押収していった十数点は、「詐欺」や携帯電話とは何の関係もない反戦運動の機関紙・誌類だったことです。この捜索のやり方で明らかなように、`詐欺容疑'は全くの口実であり、反戦活動を弾圧するために、今回の弾圧が強行されたのです。
11月6日に、京都でAPEC財務省の会合が開かれました。
警察権力がでたらめな`容疑'をこじつけて捜索や逮捕をしたのは、APECへの抗議行動を、押さえ込もうとしたからです。今回のあまりにもでたらめで差別的な弾圧は、絶対に許せません。
直ちに2人を釈放せよ。
連絡先:090-8482-9752(吉武・ピアサポート)

投稿: 10日のビラです。 | 2010年11月11日 (木) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これでええんか橋下「教育改革」 あかんやろ!新勤評を許さない12・19全国集会:

« 里美さんの裁判高裁初公判 | トップページ | 11・21関西空港反対集会のご案内 »