« 障害連事務局FAXレター No,201 | トップページ | きょうされん調査の詳報 »

2010年12月22日 (水)

障害者の自宅介護、9割が親頼み 支える側の高齢化深刻

朝日コムより

自宅で家族の介護を受けている障害者の9割が親に頼っていることが、障害者団体の調査で明らかになった。介護者の過半数は60歳以上で、障害者を支える側の高齢化が深刻になっている。こうした実態を全国規模で調べるのは初めて。

 調査は、障害者が働く小規模作業所などが加盟する「きょうされん」が今年7月、3万2573人の障害者を対象に実施。親やきょうだいなどの介護者にも記入を求め、3277人の障害者と4123人の介護者から回答を得た。

 主な介護者のうち、母親が64.2%と3分の2近くを占め、次いで父親が25.4%だった。年齢別では60代が33.6%と最も多い。60歳以上は過半数の53.1%に上った。

 東京都の93歳の母親が、身体・知的障害がある72歳の息子と2人暮らしをしている事例や、静岡県の94歳の父親が58歳の精神障害のある娘を介護している事例もあった。介護者の半数近くは居宅支援サービスを利用せず、70代の介護者の利用率は13.7%、80代は3.1%と低い。

 こうしたなか、介護者の84.5%は負担感を感じている。とくに精神的負担が68.7%と最も多く、身体的負担の52.0%、経済的負担の40.8%と続く。調査には、「障害や症状が重くなり、親が支えきれない」「親亡き後の生活を考えると不安」などの懸念が寄せられた。

 調査結果について、きょうされんは「障害者自立支援法はサービス選択の保障や自立支援を掲げたが、家族介護への依存と負担感を助長した。障害者とその家族の状況に応じた支援ができる制度改革が急務だ」と指摘している。(森本美紀)
.

|

« 障害連事務局FAXレター No,201 | トップページ | きょうされん調査の詳報 »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

朝日新聞の記事を見ました。
明らかに親の高齢化が進んでいます。親が高齢になるからこそ居宅支援サービスは利用するべきです。決して親が援助してくれるので必要ないわけはありません。
はっきり言って今の自立支援法は家族や親戚に負担を強いるものです。何かあってからつまり「親が亡くなったり、何かの事情で介護(支援)できなくなった」では遅いのです。

投稿: 電波青年 | 2011年1月14日 (金) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/50366732

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者の自宅介護、9割が親頼み 支える側の高齢化深刻:

« 障害連事務局FAXレター No,201 | トップページ | きょうされん調査の詳報 »