« 生活保護法の改悪 | トップページ | 医療のおごり »

2011年2月 4日 (金)

生活保護法改悪に反対を

生活保護法の改悪に関する厚生労働省の文書を入手しましたので下記をクリックしてください。

「11.2.4seiho.pdf」をダウンロード

最近、稼働年齢の人の生活保護にマスコミ等を動員して批判を集中しています。怠けであるとか、就職する気がないとか言いたい放題の観があります。実際には、働きたくとも働く場がなかったり、病気で働けない人もいます。そのような人に対して、生活保護の受けられる期間を定めて、それ以上は職がなくとも生活保護を打ち切るというのが大阪市の構想の一部と聞いたことがあります。

ホームレスの労働者に対するケアが進んできて、住居に入って生活保護を受けるケースが増えています。それを稼働年齢の生活保護として、いろいろな攻撃を加えているのです。私たち障害者に対して直接の攻撃ではありません。しかし、一旦改悪が進んでいけば、私たち障害者に対しても、制限が加えられたりしてくる可能性は大きいのではないでしょうか。

年金が引き下げられますが私たちの生活実態として、物価が安くなっているということは有りません。むしろ、野菜などは値上がりしています。年金引き下げの根拠となっている電化製品などめったに買うものではありません。電化製品が値下がりしているから年金を下げるという次には、生活実態とかけ離れたものがまた値下がりしたときに年金を下げるということがおきるでしょう。この先には生活保護の引き下げとか、最低生活水準の引き下げが起こるでしょう。そんなことを許してはなりません。

生活保護に対する不当な制限や法改悪に今から反対しましょう。

|

« 生活保護法の改悪 | トップページ | 医療のおごり »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

たしかに生活保護は障害者の方には必要だと思います。
でも、基本的には生きている限り、自分で稼ぐべきではないでしょうか。

投稿: | 2011年2月24日 (木) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/50772287

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護法改悪に反対を:

« 生活保護法の改悪 | トップページ | 医療のおごり »