« JR西日本障害女性の性暴力事件 裁判のご案内 | トップページ | 生活保護費引き下げの危険な動き »

2011年4月30日 (土)

放射能と原子力の恐ろしさ

虹のカヤック隊という、中国電力・上関原発に反対している若者たちのブログに、肥田舜太郎さんのスピーチが掲載されました。放射能と原子力の恐ろしさを、ヒロシマの地から告発されています。

以下掲載します。

内部被曝の真実を語る第一人者・肥田舜太郎さんが見た原子力
http://www.youtube.com/watch?v=3p73GY19ZrY
(※チェルノブイリ原発事故から25年、フクシマ原発事故から約一ヶ月半、「原発なしで暮らしたい100万人アクション in 広島」でのスピーチです。)

広島の原爆で自らもヒバクをした医師・肥田舜太郎さんは、以来60年以上に渡りヒバクシャを診て、「内部被曝の脅威」や「核の廃絶」を世界に訴え続けて来られました。
ヒロシマ、ナガサキの原爆でヒバクした日本は今、フクシマの原発でヒバクの脅威にさらされています。世界からヒバクシャをなくすために、人類が今後も地球で生きていくため­に、今私たちがしなければいけないこと。
肥田舜太郎さんが語る原子力の真実をあなたの大切な人に伝えてください。

|

« JR西日本障害女性の性暴力事件 裁判のご案内 | トップページ | 生活保護費引き下げの危険な動き »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/51535230

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能と原子力の恐ろしさ:

« JR西日本障害女性の性暴力事件 裁判のご案内 | トップページ | 生活保護費引き下げの危険な動き »