« 募集内容と違う!福島原発に連れて行かれた! | トップページ | 怒りネット通信46号 »

2011年5月14日 (土)

自粛と沈黙でなく

下記ページにて、5.12に行われた「社会保障改革に関する集中検討会議(第6回)」において「社会保障制度改革の方向性と具体策について」を報告された中身が出ています。
震災対応として、福祉そのものへの影響があるようです。障害者の責任で生じていることではないことが理由とされている点で、看過できないものです。

自粛論ではなく、反原発の闘いと一つに、主張すべきことは主張していく必要があると思います。原発周辺の住民が被爆しながら、沈黙を強いられていることと似た構造が、障害者運動にも現われている感じがしています。

「震災で大変な時に、「障害者」がわがままを言っている」という意見があり、その意見にさらされた「障害者」が沈黙させられています。震災と原発被害にも拘らず、資本家も東電も金儲けを続けているのに、何の責任も無い「障害者」が沈黙させられるのは理不尽です。東電は産業界と労働組合の協力の下、何の企業責任も負わない賠償策で助けられています。高々6月までの役員報酬の上積み分をけずられるだけでそれ以外の責任を負わないですむのは、自民党・公明党は産業界が押さえ、民主党は元の民社党系の労働組合と労組出身議員が抑えているからです。マスコミも抑えている「原子力村」の影で、福島では住民、とくに子どもたちが放射能に曝されています。

こういう自民・公明・民主の結託体制は「障害者」施策にも現われています。マスコミも結託するなかで「障害者わがまま」論が宣伝され、「障害者」が自粛と沈黙を強いられているのです。この日本政治の総与党化のなかで、しかし「障害者」は生きていくために声を上げ続けないといけないと思います。怒りネットこそその責任を果たそう。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001bxcx.html

|

« 募集内容と違う!福島原発に連れて行かれた! | トップページ | 怒りネット通信46号 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/51667511

この記事へのトラックバック一覧です: 自粛と沈黙でなく:

« 募集内容と違う!福島原発に連れて行かれた! | トップページ | 怒りネット通信46号 »