« 福祉新聞より | トップページ | 「精神障害者は社会を告発する者」という捉え方 »

2011年8月25日 (木)

沖縄・高江の近況

沖縄で、オスプレイパッドの建設がもくろまれている東村高江で動きがありました。警察がバリケード代わりに住民が置いている自動車の様子を見に来たそうです。沖縄防衛局は沖縄県警に住民を取り締まるように要求しており、この警察の動きはそれに応えて、駐車違反などを口実に自動車の撤去を狙うものではないかと疑われます。実力対決の日が近づいているのではないでしょうか?この自動車は、沖縄の左翼政党や平和運動団体が住民に応えるために置いているもので、工事車両の通る各ゲート前を塞ぐ形で駐車しているものです。工事車両を入れられないためにオスプレイパッドの工事は1歩も進んでいません。沖縄民衆の知恵であり力を示すものです。

|

« 福祉新聞より | トップページ | 「精神障害者は社会を告発する者」という捉え方 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/52564290

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・高江の近況:

« 福祉新聞より | トップページ | 「精神障害者は社会を告発する者」という捉え方 »