« ■誰もが地域で生活していける法制度を勝ち取ろう! | トップページ | 毎日新聞より »

2011年10月30日 (日)

10・28大フォーラムと反原発

2011102812040000

2011102812040001

2011102812040002

10.28JDF大フォーラムは第一会場の日比谷野外音楽堂を満杯にし、第二回会場にも入れ切れない、10000人が参加しました。

2011102812050000

創ろう みんなの障害者総合福祉法を!10.28JDF大フォーラム アピール

 JDF(日本障害フォーラム)は、結成以来、障害者権利条約の策定-批准に向けて取り組んできました。今、条約批准に向け「障がい者制度改革推進本部」と、そのもとに「障がい者制度改革推進会議」が設けられ精力的な議論が進められています。推進会議は、「私たち抜きに私たちのことを決めないで!という条約の基本精神に基づいて運営されており、まさに画期的なものです。

 昨年6月にまとめられた「障害者制度改革の推進のための基本的な方向(第一次意見)」では、障害者基本法改正、障害者総合福祉法、障害者差別禁止法制定などの改革のロードマップが示されました。その後、第一次意見を受けて、「制度の谷間のない支援の提供、個々のニーズに基づいた地域生活支援の整備等を内容とする障害者総合福祉法(仮称)の制定に向け、平成24年通常国会への法案提出、25年8月までの施行を目指す」などとした閣議決定がなされました。

 昨年4月には、推進会議のもとに、障害者および家族、そして多くの関係者による「総合福祉部会」が設けられました。「障害者権利条約」と、自立支援法訴訟の「基本合意文書」を指針に、さまざまな立場の構成員が議論を重ね、今年8月30日に「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」が、構成員55人の総意としてまとめられました。9月の推進会議の了承を経て、蓮舫・障がい者制度改革推進本部副本部長に手渡されました。

多くの障害者・家族・関係者は、この骨格提言に大きな期待を寄せています。
 
 東日本大震災は、計り知れない程の甚大な被害を私たちに及ぼしましたが、一方で、あらためて共生社会のあり方を考えさせてくれました。「一人ひとりの存在が心より大切にされ、誰もが排除されることなく社会的に包摂される」とした骨格提言に基づいた法制定がなされるよう、私たちは国会と政府に対し、以下の点を強く求めます。



1.55人の総合福祉部会構成員の総意としてまとめられた骨格提言の重みを受け止め、 
法案化とその制定に際して、骨格提言を最大限尊重し反映させること。


2.骨格提言が反映された障害者総合福祉法を立法化するため、十分な予算を確保すること。



 2011年10月28日

    創ろう みんなの障害者総合福祉法を!10.28JDF大フォーラム参加者一同

1110281

怒りネットは、ビラまきをしていましてが、第一会場が満杯では入れなくなったため、第2会場に。

1110282

1110283

経済産業省前では、福島のお母さんたちが200人で座り込みをしていました。

1110284

1110285

1110286

1110287

|

« ■誰もが地域で生活していける法制度を勝ち取ろう! | トップページ | 毎日新聞より »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/53117927

この記事へのトラックバック一覧です: 10・28大フォーラムと反原発:

« ■誰もが地域で生活していける法制度を勝ち取ろう! | トップページ | 毎日新聞より »