« 生活保護打ち切り1128世帯 震災後 | トップページ | 首相官邸に3500人が抗議行動 »

2012年6月11日 (月)

自民党が生活保護法改悪案

2012年6月1日 中国新聞 朝刊

 生活保護法 親族の扶養義務徹底 自民が改正案提出へ

 自民党は31日、生活保護に関するプロジェクトチーム(PT)会合を党本部で開き、座長の世耕弘成参院国対委員長代理が、受給者の親族に扶養義務を徹底させる生活保護法改正案を議員立法で今国会に提出する意向を表明した。会合後、記者団に「6月21日の会期末までに提出する」と明言した。

 改正案は、親族のうち特に親子間の扶養義務を強める。扶養義務に関する自治体職員の調査権限拡大も検討している。会合では、厚生労働省が2007年に実施した自治体サンプル調査で、受給申請した人の親族に扶養ができないか照会した事例のうち、実際の扶養に結び付いたケースは2・7%にとどまったことが報告された。扶養義務をめぐっては、小宮山洋子厚労相が5月25日、生活保護受給者の親族が受給者を扶養できない場合、親族側に扶養が困難な理由を証明する義務を課す考えを示している。

|

« 生活保護打ち切り1128世帯 震災後 | トップページ | 首相官邸に3500人が抗議行動 »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/54931201

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党が生活保護法改悪案:

« 生活保護打ち切り1128世帯 震災後 | トップページ | 首相官邸に3500人が抗議行動 »