« 政府が医療観察法検討結果発表 | トップページ | 生活保護を「生け贄」とする平成25年度予算概算要求基準を撤回せよ! »

2012年8月22日 (水)

人生ここにあり

イタリアのバザーリア改革を描いた映画「人生ここにあり」がDVDとなってツタヤでレンタルできます。もしまだ見ていないという方は是非ご覧になることをお勧めします。

私が見たのは去年の上映の時だったので、細部は覚えていませんが、バザーリアの改革がどのように波及したのかがよくわかるものでした。映画は精神障害者」の作業所を描いています。薬漬けの中で、いまの日本の作業所と変わらない退屈で非生産的な労働を強いられているところから、薬漬けを脱し、生産的な労働に変わっていく姿を描いています。

バザーリア改革と言っても、バザーリア一人ではどうしようもありません。バザーリアもトロツキストと言われ、精神科医の多くは非協力的でした。そこをどのようにして突破していったのかの一端が垣間見られました。

非常に優れた映画です。

また新しいイタリア映画でバザーリアを描いたものが自主上映されます。「むかしMattoの町があった」というものです。もともとはイタリアでテレビで放映されたものです。まだオープニングの上映しか決まっていませんが、検索すると出てきます。

いずれも、イタリアの改革とは逆方向を向いている日本のおかしさが浮かび上がる映画です。新しい映画の上映運動を広げていきましょう。

|

« 政府が医療観察法検討結果発表 | トップページ | 生活保護を「生け贄」とする平成25年度予算概算要求基準を撤回せよ! »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/55481611

この記事へのトラックバック一覧です: 人生ここにあり:

« 政府が医療観察法検討結果発表 | トップページ | 生活保護を「生け贄」とする平成25年度予算概算要求基準を撤回せよ! »