« 時間単位有給休暇を  厚労省報告書 | トップページ | 大卒の6%がニート »

2012年9月 9日 (日)

年金月10万円以下が4割 高齢女性の生活調査 年金者組合

8月28日 しんぶん赤旗 日刊紙

 全日本年金者組合は27日、高齢女性の4割が月10万円以下の低い年金で暮らすなど厳しい生活実態にあるとの調査結果を発表しました。篠塚多助委員長は記者会見し、さらに年金を削ろうとする政府を批判しました。
 全国規模の調査は初めて。今春、女性組合員を対象にアンケートを実施し、3割の約1万8千人分の回答を集計しました。回答者はほぼ60代から80代。その4割が夫婦のみで暮らし、また4人に1人が一人暮らしでした。年金別には国民年金(34%)、厚生年金(42%)、共済年金(21%)など。無年金の人は2・6%いました。年金が月5万円から10万円の人が最多の29%。10万円以下は44・3%、15万円未満は7割近くでした。3割近い人が貯金を取り崩しており、パートなどで働く人が17・5%でした。家計の負担になっている項目(複数)の最多が食費(41%)。森口藤子女性部長は「生きるためのギリギリの費用を負担と感じている人が多い」と指摘しました。保険料(39%)、医療・薬代(33%)と続きました。横浜みなみ支部の森實桂子さん(70)の年金は月約7万円で賃貸住宅に一人暮らし。厚生労働省で記者会見して生活実態を明らかにし、「安心して暮らせる年金であってほしい」と訴えました。アンケートには「73歳で年金3万円では生活できず、パートで5万~6万円。生活保護より安い」(京都)、「夫婦2人分の年金でやっと生活。1人になればとても生活できる金額ではなく不安」(鹿児島)などの記述も。子どもの将来を心配し、若い人の雇用状況の改善を求める意見も寄せられています。

|

« 時間単位有給休暇を  厚労省報告書 | トップページ | 大卒の6%がニート »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/55617407

この記事へのトラックバック一覧です: 年金月10万円以下が4割 高齢女性の生活調査 年金者組合:

« 時間単位有給休暇を  厚労省報告書 | トップページ | 大卒の6%がニート »