« 社保審部会で反貧困運動頑張る―――福祉新聞より | トップページ | なくそう! 差別と拘禁の医療観察法!11・24全国集会 »

2012年11月 2日 (金)

10/31厚労省申し入れ速報

1210311
10・31怒りネットは厚労省申し入れを闘いました。車いすの障害者、視覚障害者、「精神障害者」、市民など70人以上が集まりました。11時30分から厚労省前でビラまき街宣を行いました。(写真上)

厚労省の役人のビラの受け取りはよいです。交代でマイクを握り怒りの丈をぶつけました。

この日の行動は、自立支援法の継続法である総合支援法の廃止を求め、自立支援法の成立した日にちに行いました。

1210312
毎年この日に行われていた、1万人集会は今年はありません。いろいろと事情はあるようですが、はっきり言えば日和見です。この日に集まったのはそういう事情を超えても今声を挙げるべきだという障害者です。(写真二番目は事前の打ち合わせ)

1210313

写真3番目は申し入れる怒りネットを代表して視覚障害者。点字を読みながらマイクでしゃべっています。

1210314

写真4番目は怒りネット関西と兵庫県精神障害者連絡会を代表して。「精神障害者」にとっても総合支援法はとんでもない法律です。また生活保護の切り下げは障害者が生きていけない状態を作り出します。

1210315

写真5番目は新潟の障害者。自立生活が脅かされている状況を糺しました。

1210316

写真6番目は全国「精神病」者集団のYさん。会議にかける時間がなかったということで個人としての申し入れです。「精神障害医者」の具体的な問題を提案しました。Yさんは骨格提言をまとめた障害者制度改革推進会議総合福祉部会の一員です。総合福祉部会のメンバーが申し入れを行わないといけないくらい、総合福祉法はひどいということだと思います。


1210317

写真7番目はピープルファーストの代表です。あの55人の会議はなんだったのかと糺しました。この方も総合福祉部会のメンバーです。怒りを込めて問いただしましたが厚労省が答えることはありませんでした。

1210318
写真8番目は申し入れを終わりシュプレヒコールを挙げている障害者。

この日は申し入れだけでしたが、近日中に厚労省の回答を求める団体交渉を計画します。その時には皆さんご参加ください。

|

« 社保審部会で反貧困運動頑張る―――福祉新聞より | トップページ | なくそう! 差別と拘禁の医療観察法!11・24全国集会 »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

民主党の藤井氏が消費税上げによる低所得者に一万円超の給付金を配るらしいが、例えば一年に一回のみの給付とし、期間を一年か二年とするのは、ある低所得者の場合、増税負担軽減に効果はないのでは?不満をそらすためのバラマキと思われる。

投稿: | 2012年11月 9日 (金) 11時14分

その消費税上げによる給付金を数年間までに低所得者に配るのは負担軽減に効果はないと思う。引き上げした消費税はずっと続くでしょうから所得がある制限を超えた時に給付停止する方が公平ではないですか。

投稿: 匿名 | 2012年11月 9日 (金) 21時27分

その消費税上げの給付が世帯全員非課税が対象に限定するそうです。低所得者(障害者など)の扶養者らは扶養する人の消費税増税分を負担しろというのかな?

投稿: | 2012年11月10日 (土) 18時07分

訂正:
扶養する人の消費税増税分じやなく扶養をうける人の消費税増税分に訂正

投稿: | 2012年11月10日 (土) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/56022475

この記事へのトラックバック一覧です: 10/31厚労省申し入れ速報:

« 社保審部会で反貧困運動頑張る―――福祉新聞より | トップページ | なくそう! 差別と拘禁の医療観察法!11・24全国集会 »