« 自公政権合意 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

2012年12月29日 (土)

公明党が生保引下げに慎重

公明党が来年度の生活保護削減に慎重な姿勢を示しています。どれほど抵抗するかはわかりませんが、世論次第ではないかと思います。公明党に反対を貫くように働きかけるとともにネット世界から生保引下げ反対の世論を作りましょう。以下記事。

公明・石井氏 生活保護引き下げに慎重
12月28日 20時22分NHKニュース
 

公明党の石井政務調査会長は記者団に対し、生活保護の給付水準を来年度から引き下げるかどうかについて、まずは不正受給対策に最優先で取り組むべきだなどとして、慎重な考えを示しました。

生活保護の給付水準を巡っては、自民党が衆議院選挙の政権公約で、勤労者の所得水準や年金などとのバランスを考慮する必要があるとして、10%の削減を掲げており、田村厚生労働大臣は、28日の記者会見で、連立政権を組む公明党と調整したうえで判断したいという考えを示しました。
これについて、公明党の石井政務調査会長は、記者団に対し、「国民が疑問を持っているのは不正受給についてだと思うので、不正受給対策が第一だ。そして、受給者の自立支援や就労支援が第二で、それと合わせて水準を考えるという順番だと思う」と述べました。
そのうえで石井氏は、給付水準を来年度から引き下げるかどうかについて、「慌ててやるような話ではない」と述べ、慎重な考えを示しました。

|

« 自公政権合意 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/56416596

この記事へのトラックバック一覧です: 公明党が生保引下げに慎重:

« 自公政権合意 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »