« 16-18日の行動 | トップページ | 朝日の報道 »

2013年1月13日 (日)

16-18日-2月1日の行動

生活保護の支給基準引き下げの動きに対して、下記の呼びかけが発せられています。生活保護の人でなくとも、生活保護の問題は重大な問題です。生活保護の人にとっては一日の食費を1割削らなくてはならないことになり、そうでなくとも乏しい生活がさらに厳しくなります。それは生活保護でない人にとっても、見過ごしてよいことでしょうか?今日の生活保護に対する攻撃が次に自分に向った時、今日の問題で闘えなかったら誰が次の攻撃の時に支援してくれるでしょうか。低所得者総体に対しての生活費の引き下げが次に来るのが分かり切っているのに。生活保護と連動している最低賃金の引き下げは、労働者の賃金の引き下げ圧力となります。課税最低限も連動して引き下げられます。

アベノミクスは、紙幣をどんどん刷ってインフレを引き起こすという無茶苦茶な政策です。労働者や低所得者はさらに低所得に引き下げ、人為的インフレで、見かけの景気を上げ、消費税を増税する。それを他人事と言える人が一体何人いるのか。富裕層はより金持ちに、低所得者はより貧乏に、それがアベノミクスです。そうならないためには、呼びかけられている行動に立とう。以下情報は拡散してください。

生活保護基準引き下げに反対の声を結集しよう!
http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

生活保護基準1割カットを公約とした自民党が政権をとり、田村憲久・新厚生労働大臣は就任後、生活保護基準の引き下げを明言しています。
1月16日(水)と18日(金)には、厚生労働省にて生活保護基準部会が異例の形で連続開催され、同省は生活保護基準引き下げの方向で部会の議論を誘導しようとしています。

●第12回社会保障審議会生活保護基準部会の開催について
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002ruqy.html

●第13回社会保障審議会生活保護基準部会の開催について
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002seyn.html

早ければ1月中旬に結論が出てしまう可能性がとても大きくなってきましたが、連立与党の公明党は引き下げに慎重な立場なので、引き下げ見送りとなる可能性もまだ十分あります。

特に、ここ1~2週間(特に来週)にどれだけ抗議の声をあげられるかが、勝負の分かれ目になりそうです。

この動きにたいして、「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションでは、下記の予定で、生存権裁判を支援する全国連絡会とともに、緊急のアクションを行ないます。

ぜひ、多数の方にご参加下さいますよう、お願いします。

《厚生労働省前での抗議アクション》
 日時 ①1月16日(水)正午から
    ②1月18日(金)午前9時

 場所 ともに厚生労働省(合同庁舎5号館)前
     地図  http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/ 

 ☆★関東方面の方は、なるべくご参加下さい!★☆

《記者会見など》 変動の可能性あり。
1月16日(水)16時(予定)~@厚生労働記者会

1月18日(金) 緊急声明発表

1月22日(火)
   13時    厚生労働大臣に署名提出・要請行動
   13時30分 厚生労働記者会にて記者会見
   14時30分 自民党・公明党への要請行動
   16時30分 日弁連プレスセミナー(日弁連)

2月1日(金) 正午~14時 院内集会(会場未定)

|

« 16-18日の行動 | トップページ | 朝日の報道 »

-怒りネット・催しもの-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/56534197

この記事へのトラックバック一覧です: 16-18日-2月1日の行動:

« 16-18日の行動 | トップページ | 朝日の報道 »