« マスコミの誤導 | トップページ | 政権方針 »

2013年1月24日 (木)

生活保護、最大10%減 3年かけ800億円 自民検討―――朝日新聞

 2013年度予算で焦点となっている生活保護について、厚生労働省・自民党は23日、生活費にあたる「生活扶助費」を、3年間かけて現行より約800億円減らす検討に入った。支給基準額の引き下げ幅は世帯類型や住む地域で変わるが、子どもがいる世帯などで最大10%になる見込みだ。公明党はまだ方針を決めておらず、同党との調整が焦点となる。
 生活保護基準額をめぐっては、社会保障審議会の作業部会が、一般の低所得世帯の消費支出と生活扶助費を比べた検証結果を公表。高齢者世帯では低所得世帯の生活水準を下回っているものの、子どもがいる夫婦世帯や母子世帯などで生活保護が上回る、との報告をまとめている。
 厚労省はこの結果をふまえて基準引き下げを検討した。生活扶助10%削減を衆院選の公約に掲げた自民党が一層の引き下げを要求。08年から5年間の物価下落分(4%強)の反映、「期末一時扶助」(1人約1万4千円)の見直しなども加え、削減額を積み増した。
 削減額の合計は年額にして約800億円。生活扶助の国負担分は年間約1兆円なので、削減額は約8%。自民党は激変緩和のため、削減は13年度から3年かけて実施することを決めた。

|

« マスコミの誤導 | トップページ | 政権方針 »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

どう思っていますか?みなさん?
赤旗には、HPでは全く触れていません。紙のほうでは、触れた記事があったようです。

投稿: 麻生発言について。 | 2013年1月24日 (木) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/56611763

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護、最大10%減 3年かけ800億円 自民検討―――朝日新聞:

« マスコミの誤導 | トップページ | 政権方針 »