« 6/14の行動 | トップページ | 朝日報道 »

2013年6月10日 (月)

生活保護の実態

2013年6月2日 長崎新聞 朝刊
 当事者が語る生活保護の暮らし 長崎市/「貧乏からは 抜けきらん」/病気、就職で苦悩 困窮は子どもにも
 不正受給対策を強化した生活保護法改正案が今国会中に成立する見通しだ。一方、厚労省は8月から生活保護の基準額を3年かけて下げる方針。家族の人数が多い世帯の削減幅が単身世帯より大きくなるという。保護率が全国平均を大きく上回る長崎市。生活保護受給者に暮らしの実態を聞くと、病の苦悩や雇用問題、子どもにも及ぶ貧困の連鎖が浮かび上がった。
「保護は感謝してます。申し訳なく感じてます。いつも子どもに、我慢せんばねって。でもこれ以上、締め付けられたらやっていけない」。女性(55)がつぶやく。長崎市内のアパートに中学の次男と2人暮らし。女性はてんかん患者だ。女性は中卒で愛知の紡績工場に就職したが、てんかん発作で首に。帰郷して20歳で結婚し長男を出産。夫は月々のお金を渡してくれず、結局離婚した。乳飲み児(ご)を抱え、皿洗いのパートで食いつないだが、発作で続かず保護申請した。「長男は友達に『税金で食いよる』と言われたこともあった」。奨学金などで高校を卒業した長男は、働きながら月6千円ずつ返済し、5年で完済した。女性は40歳で別の男性と出会い、いったんは保護をやめ次男を出産。だが男性は借金まみれだった。別れて再び受給者となった。医療費は無料で助かっている。家賃は3万5千円。月13万円の保護費は、食費を切り詰めてもほとんど残らない。就職したいが、発作がネックとなって、どこも雇ってくれない。困るのは子どもの入学時。備品などまとまった出費に迫られるからだ。次男は高校までは行かせるつもりだが、まだ資金の当てはない。女性は「病気さえなければ」と涙を浮かべた。厚労省は、子どもの大学などの入学金のため保護費を預貯金することを認める方針だが、「現実的に大学進学は無理。貧しさを知らないお役人の発想」と女性はため息をついた。
     □
 「貧乏からは抜けきらんです」。市内に暮らす男性(75)は、視覚障害者の60代の妻、40代の娘、女子高校生の孫の4人家族。島原出身の男性は靴職人を経て、三菱重工の下請け会社で40代まで勤務。その後、土木作業員として転々と働いたという。年金は妻と合わせ月約15万円、娘のパートは7万~8万円の収入があり、保護費は月約2万7千円。パート収入が増えると保護費は削られる。「孫に小遣いはほとんどあげていない。孫は昼飯代をためて、時々好きな菓子を買ったりしているようだ」。孫は成績優秀だが、大学進学は諦めた。福祉の専門学校に進んで早く就職するのが希望。公的な援助は受けるにしても、入学時のもろもろの資金は工面しなければならない。男性は思う。視覚障害の妻は介護が必要になるだろう。自分も老いる。娘が介護を担えば、収入の望みは就職する孫になる。だがおそらく低賃金で、家族を援助できるかは分からない。将来にわたって困窮から脱する見通しは立たない。「不正受給ばかり騒がれるが、多くはまじめに生きている。せめて貧しい家の子も格差なく学べ、能力を発揮していける支援がほしい」と男性は語る。

|

« 6/14の行動 | トップページ | 朝日報道 »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

以下の記事を見てください。

国連の委員会に対する日本政府の態度は傲慢のようですね。
http://mainichi.jp/select/news/20130614k0000e030176000c.html

投稿: | 2013年6月15日 (土) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/57566067

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護の実態:

« 6/14の行動 | トップページ | 朝日報道 »