« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月24日 (水)

学習会“地域で生きる”報告

「精神障碍者」が地域で生きる上での障壁を取り払うために

7月21日、私たち精神科クリニックの患者有志が呼びかけた「地域で生きる」と題した学習会に24人が集まった。有志の一人一人が声掛けをおこない多くの当事者が参加した。一部に分かりにくいという意見もあったのだが、それは主催者側の準備の問題であり、講師の話はよく整理されたものだった。

高槻市議会議員の和田孝雄さんの話は、生活保護の引き下げへの怒りがこもったものだった。具体的にどのくらい下がるのかから入り、とくに母子世帯が激しく下がるから貧困の連鎖になる。国はいろいろな算定方式をやってきたが、今は水準均衡方式だという。この方式では生活保護水準以下の収入しかない世帯が多く比較の対象となる。しかし、これで減額されるのは90億円。削減される残りの580億円は物価水準だ。この算定方法がおかしい。年収100万円の人が毎年4万2千円も新たに電化製品を購入しているという計算式になっている。さらに法の改悪で、水際作戦という申請をさせないことが広く行われるようになり、扶養義務の強化が行われる。さらに障碍者の自立観がおかしい。働くことが美徳と礼賛される。「障碍者」が作業者やデイケアに通所すること自体を労働ととらえるべきだ。働いても低賃金という人が多く生活保護を受けている。不正受給は一部のことであり、受給しなければならない社会構造が問題だ。片や日産のカルロスゴーンは時給37万円もある。もんじゅのために1日5500万円も無駄に使っている。金がないとは言わせない。総じて、戦前の救貧対策に歴史を逆戻りさせようとしているなどと話された。

ルポライターの浅野詠子さんは医療観察法の制度の様々な矛盾についてよく調査されていた。一番ひどいのは急性期に最も医療が必要とされるのに、鑑定ということでまともな医療が保障されない。発達障碍、知的障碍、認知症、アルコール依存など治療が意味をなさない人が多数、長期間収容されている。観察法が700病床であるのに対し、ある医師の推計では4000人の「精神障碍者」が刑務所にいて、まともな医療がされていない。微罪の累犯者が多く、医療もされずに独房で封筒貼りをさせられているとか。それを観察法と隔てるのは心もとない鑑定だ。当事者のスクラム・ネットワークが大事だ。観察法病棟では電気けいれんが推奨され頻繁に行われているような人権状況である。社会復帰施設の計画に地元の差別的反対運動が起きるなど、「精神障碍者」が地域で生きるために、地域の側が試されているなどと話された。

質疑討論では、講師の労働のとらえ方が良かった。看護師だが指定通院機関でも矛盾を感じる。医療が原因で症状を悪化させる医原性の問題が多い。福祉の変化でワーカーは切る方向に目が行ってしまっている。観察法でも医療者の観点がひっくり返り、お世話をするという観点がなくなっているなどの意見があり、自分や息子の具体的な行為が観察法の対象になるものなのかという質問もあった。
和田さんからは、反貧困のたたかい、憲法、沖縄の闘い、個別の課題ではいい勝負をしている。総体では少数派だが。今回の廃案も、当事者の声も大きかった。障害者自立支援法のときからはじまった、私たちのことを私たちぬきに決めないで、という流れだ。違憲訴訟を起こすが裁判は勝てる見込みがあるなどとあった。

行動提起で、保護費の引き下げに対し、裁判を視野に入れた行政への審査請求に多くの皆さんに参加してほしい。観察法に反対する全国集会や関西での取り組みに参加し実践的に動こうと提起した。
生活保護費引き下げに対する違憲違法を問う訴訟が大々的に開始されようとしている。読者で自分も生活保護だ、知り合いに生活保護の人がいるという方はぜひこの運動に加わっていただきたい。まずは知らせてください。8月から引き下げるという保護決定通知書が来たら、失くさないように保管しておいてください。連絡は午後4時から午後8時までの間に、携帯090-3054-0947高見まで。またはメールにてgen1951@nifty.com まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

平成狸合戦ぽんぽこ

今日、9時から読売テレビ系で放映される「平成狸合戦ぽんぽこ」は三里塚を思わせる内容だと思います。自然破壊して文明を広げることに抵抗する狸たちが主人公です。宮崎駿ではなく高畑勲監督だからなのか、最後は狸たちの敗北で終わるところが残念な終わり方ですが。
想えば三里塚も昔はトトロの森が広がる自然豊かな大地でした。今はコンクリートとフェンスに覆われて見る影もなくなっています。
スタジオジブリの映画には自然と文明の対立を描いた「もののけ姫」や、加藤登紀子のエンディング曲で70年安保闘争の挽歌となった「紅の豚」があります。もっと直接に学生運動を描いた「コクリコ坂」もあります。
私は「紅の豚」が一番好きです。カッコいいことが恥ずかしいことという風潮に対するアンチだと思うからです。かっこつけてもいいじゃんという想いをストレートに表現していると思います。「挽歌」と書きましたが、エンディング曲は今も闘っている人に対する応援歌でもあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

生活保護の漫画化

---
生活保護を描いた漫画の連載が始まっています。第1回は購入して読みましたが、なかなか良い物でした。一般誌でここまで書けるかというところまで描いています。
主人公は「ここまで堕ちないと保護を受けようと思わないのか」というところまで堕ちています。一般的なスティグマはそうなのかもしれません。生活保護に対する偏見歪んだ見方が自分が対象となった時の妨げになることが良く描かれています。
ぜひ購入して感想を秋田書店に送ってください。
以下メール紹介。

★7月3日、「フォアミセス」(秋田書店)の8月号で、

さいきまこさんの3連載「陽のあたる家~生活保護に支えられて」が始まりました!
http://www.akitashoten.co.jp/formrs

一般の漫画誌で生活保護のことが正面から取り上げられたのはおそらく初めてのことではないでしょうか?

ごく平凡で幸せな4人家族。夫が突然の病に倒れて失業したことから負の連鎖が。
妻は看病とパートでギリギリ。高校生の長女や小学生の長男もそれぞれつらい目に・・・・。
貧困や生活保護が、誰の身にも起こりうることだということがリアルに身近に感じられる内容です。

今回はまだ導入ですが、2回目(9月号)、3回目(10月号)とより切実度、迫力が増してきますので、是非3回とも忘れず読んで頂きたいです。

生活保護問題対策全国会議として監修もしているので、生活保護関連の情報も確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

学習会“地域で生きる”

Kimuratizu003


Kimuratizu001_2

7/21「精神障害者」「障害者」の学習会の案内です。“地域で生きる”をテーマに、講演と質疑応答があります。どなたでも参加できます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

マスメディアによる誤った世論作り

今日、朝日放送のローカルニュースで生活保護法改悪の問題が取り上げられた。扶助費引き下げを補正するはずの改正案が廃案になったので、保護受給者にとってひどいことになったと論じていた。実際には改悪案は保護受給者にとっても何の利益もないばかりか、扶養義務の強化でよりひどいことになる代物なのだ。白を黒と言いくるめる典型的なマスメディアによく世論の誤導、意図的に白を黒と言いくるめる世論作りだ。ひどいのは自公であって、保護法改悪案を廃案にしたことは褒められこそすれ、なんら非難されるいわれもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPI下落率の厚労省計算方式の怪

中日新聞の白井さんの話の続きです。
白井さんが04年の生活扶助CPIの計算をしてみました。04年が前回の生活保護費引き下げの年だからです。11年との比較をしてみたところ、下落率は1.38%だそうです。厚労省は特殊な計算方式を用い08年と11年を比較し4.78%の下落だとしています。白井さんの計算も生活扶助相当CPIを用いたのでウェイトは一般のものを使っています。生活保護世帯は年間4万2千円も電化製品を購入しているという例の奴です。これを生活保護世帯の実際のウェイトに転換したとすると、下落率はさらに少なくなると思います。値下がりしているのは生活保護世帯がほとんど購入しない電化製品だからです。厚労省はかなり特殊な計算方式を用いたので、04年と11年を比較すると4.78より下落率は大きいと言っていたと思います。よほど特殊な計算式を用いていることが分かります。
問題はこれを厚労省交渉でどう追求するかということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

7・3集会

生活保護法改悪を許さないための集会です。東京・首都圏の皆さん参加してください!

https://skydrive.live.com/view.aspx?resid=3275C9DB8E03FD84!298&cid=3275c9db8e03fd84&app=WordPdf

| | コメント (1) | トラックバック (0)

違憲訴訟

生活扶助費の削減で違憲訴訟が準備されています。私は生保ではないので加われないけど、応援します。
生活扶助相当CPIのからくりを中日新聞の白井さんが暴いてくれました。ややこしい話なので、説明するのも大変です。一言でいえば、通常のCPIとは全く違う計算方法で計算して高い下落率を導き出したということです。生活保護世帯が買わない物の値段が下がったことで引き下げが行われるばかりでなく、計算方法にも恣意的な誤りがある。法的に争えば十分勝てる裁判です。多くの方が原告に加わってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »