« 学習会“地域で生きる” | トップページ | 平成狸合戦ぽんぽこ »

2013年7月10日 (水)

生活保護の漫画化

---
生活保護を描いた漫画の連載が始まっています。第1回は購入して読みましたが、なかなか良い物でした。一般誌でここまで書けるかというところまで描いています。
主人公は「ここまで堕ちないと保護を受けようと思わないのか」というところまで堕ちています。一般的なスティグマはそうなのかもしれません。生活保護に対する偏見歪んだ見方が自分が対象となった時の妨げになることが良く描かれています。
ぜひ購入して感想を秋田書店に送ってください。
以下メール紹介。

★7月3日、「フォアミセス」(秋田書店)の8月号で、

さいきまこさんの3連載「陽のあたる家~生活保護に支えられて」が始まりました!
http://www.akitashoten.co.jp/formrs

一般の漫画誌で生活保護のことが正面から取り上げられたのはおそらく初めてのことではないでしょうか?

ごく平凡で幸せな4人家族。夫が突然の病に倒れて失業したことから負の連鎖が。
妻は看病とパートでギリギリ。高校生の長女や小学生の長男もそれぞれつらい目に・・・・。
貧困や生活保護が、誰の身にも起こりうることだということがリアルに身近に感じられる内容です。

今回はまだ導入ですが、2回目(9月号)、3回目(10月号)とより切実度、迫力が増してきますので、是非3回とも忘れず読んで頂きたいです。

生活保護問題対策全国会議として監修もしているので、生活保護関連の情報も確かです。

|

« 学習会“地域で生きる” | トップページ | 平成狸合戦ぽんぽこ »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/57762002

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護の漫画化:

« 学習会“地域で生きる” | トップページ | 平成狸合戦ぽんぽこ »