« 生活保護の漫画化 | トップページ | 学習会“地域で生きる”報告 »

2013年7月12日 (金)

平成狸合戦ぽんぽこ

今日、9時から読売テレビ系で放映される「平成狸合戦ぽんぽこ」は三里塚を思わせる内容だと思います。自然破壊して文明を広げることに抵抗する狸たちが主人公です。宮崎駿ではなく高畑勲監督だからなのか、最後は狸たちの敗北で終わるところが残念な終わり方ですが。
想えば三里塚も昔はトトロの森が広がる自然豊かな大地でした。今はコンクリートとフェンスに覆われて見る影もなくなっています。
スタジオジブリの映画には自然と文明の対立を描いた「もののけ姫」や、加藤登紀子のエンディング曲で70年安保闘争の挽歌となった「紅の豚」があります。もっと直接に学生運動を描いた「コクリコ坂」もあります。
私は「紅の豚」が一番好きです。カッコいいことが恥ずかしいことという風潮に対するアンチだと思うからです。かっこつけてもいいじゃんという想いをストレートに表現していると思います。「挽歌」と書きましたが、エンディング曲は今も闘っている人に対する応援歌でもあります。

|

« 生活保護の漫画化 | トップページ | 学習会“地域で生きる”報告 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

石破幹事長が、消費税については年金制度の長期間維持のために使う。貧困者の救済は行わないと言っていたようですが、格差の拡大に繋がるのではないですか?

投稿: 匿名 | 2013年7月22日 (月) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/57773506

この記事へのトラックバック一覧です: 平成狸合戦ぽんぽこ:

« 生活保護の漫画化 | トップページ | 学習会“地域で生きる”報告 »