« CPI下落率の厚労省計算方式の怪 | トップページ | 学習会“地域で生きる” »

2013年7月 2日 (火)

マスメディアによる誤った世論作り

今日、朝日放送のローカルニュースで生活保護法改悪の問題が取り上げられた。扶助費引き下げを補正するはずの改正案が廃案になったので、保護受給者にとってひどいことになったと論じていた。実際には改悪案は保護受給者にとっても何の利益もないばかりか、扶養義務の強化でよりひどいことになる代物なのだ。白を黒と言いくるめる典型的なマスメディアによく世論の誤導、意図的に白を黒と言いくるめる世論作りだ。ひどいのは自公であって、保護法改悪案を廃案にしたことは褒められこそすれ、なんら非難されるいわれもない。

|

« CPI下落率の厚労省計算方式の怪 | トップページ | 学習会“地域で生きる” »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/57713016

この記事へのトラックバック一覧です: マスメディアによる誤った世論作り:

« CPI下落率の厚労省計算方式の怪 | トップページ | 学習会“地域で生きる” »