« 所得格差、過去最大 | トップページ | 大フォーラム »

2013年10月27日 (日)

生活保護増額も検討 厚労相、消費税8%で

2013年10月21日 共同通信
 
 田村憲久厚生労働相は21日の衆院予算委員会で、来年4月の消費税率5%から8%への引き上げに合わせて、生活保護費の基準額増額も含め検討する考えを示した。「消費税増税を決断し、物価全体も上がりつつある。消費も伸びつつある。その点を勘案し、適切な金額、水準を予算編成過程で決めたい」と述べた。公明党の桝屋敬悟氏への答弁。
 基準額は消費動向や物価の見通しを踏まえ、見直されている。政府は3%の消費税を導入した1989年度は4・2%、税率を5%に引き上げた97年度は2・2%、いずれも増額改定していた。ただ、政府はこれとは別に生活保護費の予算を2015年度までに計6・5%減らす方針で、今年8月から既に1・5%分が減額されて支給が始まった。来年4月には、さらに2・5%分を引き下げる方向だったが、差し引きでプラス改定になる可能性が出てきた。

|

« 所得格差、過去最大 | トップページ | 大フォーラム »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/58463437

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護増額も検討 厚労相、消費税8%で:

« 所得格差、過去最大 | トップページ | 大フォーラム »