« 生活保護2法案を閣議決定 | トップページ | 大生連への不当弾圧を許すな »

2013年10月16日 (水)

生活保護の増額、厚労省が検討へ 消費増税受け

2013年10月5日 朝日新聞 東京朝刊
 来年4月からの消費増税で物価上昇が見込まれるのに対応して、厚生労働省は4日、生活保護費の引き上げを検討する方針を明らかにした。消費動向や物価の見通しを踏まえ、来年度予算を編成する12月までに具体的な幅などを固める。
 生活保護費のうち、生活費相当分として支給される「生活扶助」は、物価の影響を受ける個人消費の指標などに応じて見直すことになっている。消費税が導入された1989年には4・2%、税率が3%から5%に引き上げられた97年は2・2%の増額改定となった。今回の8%への増税について、厚労省は4日の社会保障審議会の部会で、「引き上げによる消費動向の影響を全体として勘案しながら検討していく」と説明した。

|

« 生活保護2法案を閣議決定 | トップページ | 大生連への不当弾圧を許すな »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/58395233

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護の増額、厚労省が検討へ 消費増税受け:

« 生活保護2法案を閣議決定 | トップページ | 大生連への不当弾圧を許すな »