« 郵便ブラック企業 | トップページ | 三重県で支援組織発足 »

2013年12月10日 (火)

生活保護一斉審査請求申し立て運動について 

【12月6日時点の申し立て状況】

厚労省の発表した審査申し立て件数は10654件で、争訟ネットの把握した件数は10191件ですので、その差は463件です。ほぼ争訟ネット関係といえるのではないでしょうか。
行政からの弁明書が届いているところと、まだ届いていないところがあったそうです。大阪市は区ごとに順番にやっているので、まだ順番がきていない区があったそうです。大阪市は、わずか2行の弁明です。それに対する反論書は出した人もまだの人もいます。だいぶデコボコがあるようです。怒りネット関係はかなり早く進んでいる方です。地方によっては棄却が出ているところもあります。仮に早く棄却が出たら厚労大臣への再審査請求をしてデコボコをそろえる必要があります。
 前国会で生保申請を著しく制限する生活保護法改悪がありましたが、実態はそれを先取りするものです。大阪市は最近ひどくなっています。とくに淀川区はひどい。区長と新任の課長がひどい。脅しと取れる文書の配布をしています。大生連が抗議しています。浪速区では係長が保護申請者の父親に直接電話して扶養しろと言いました。寝屋川市では水際作戦をやっています。
裁判について、朝日訴訟では労組の支援もあり、裁判には負けましたが扶助費が増えるなど大きな成果がありました。生存権裁判では労組の取り組みが弱かったのですが、母子加算復活という成果がありました。裁判でいったい何を勝ち取るのか、明確な目標を定めていく必要があります。

【一斉審査請求申立て運動について今後の取り組み】

①  訴訟提起は、来年初夏頃と予定を立てています。
②  当面は、本年8月の第1次引き下げに対する審査請求について、当事者・支援者による口頭意見陳述の取り組みを進めます。来年2月に行ないます。行政は老齢加算の口頭陳述の時には公開審理は認めなかったのですが、補佐人、代理人という形で傍聴することができます。陳述しなくてもいいのでそちらも大衆的に募ります。口頭陳述に合わせてメディアにも訴えます。記者会見や記者会見的大衆集会を行います。ぜひ多くのご参加をお願いします。口頭陳述は一人5分くらいで出来るだけ多くの人でやります。
③  第1次審査請求については棄却に対し、厚労大臣への再審査の申し立てを行う方向で考えています。14年6~7月の訴訟提起までに、6か月という訴訟提起の期限が切れないようにするためもあります。訴訟の期日をそろえるためにも再審査を申し立てた方が良いでしょう。
④  年末一時扶助・来年4月の再度の引き下げに対する審査請求運動にも取り組みます。とくに来年4月の審査請求は15000人を目指して大衆的に取り組みましょう。再度メディアに訴える意味でも大衆的申したてを組織していく必要があります。裁判には時間がかかります。その間にも来年4月、再来年4月には引き下げがあります。メディアにも訴えて大衆的な闘いで引き下げはおかしいという世論を作り出し、引き下げをストップさせる必要があります。
⑤  厚労省が言うように物価が基準だと言うなら、保護費は引き上げないとおかしいのです。消費税3%アップもあります。その分引き上げないといけないはずです。厚労省は消費税分は引き上げると新聞にはありました。厚労省の説明はいったん引き下げ分を計算し、その上で引き上げ分を計算するということです。しかし引き上げ分に物価動向が反映される保証はどこにもありません。下げるときには物価動向だと言いましたが、それはあくまで下げる口実です。自民党が10%引き下げを選挙公約にしていたから、それを実現するために物価動向を持ち出してきただけであり、物価が上がったからと言って保護費を引き上げるわけではないのです。甘く見てはいけません。大衆的な闘いなしに成果があるなどと思ったら大間違いです。そもそもの引き下げがおかしいのですから、4月の、その追加の引き下げをやめさせねばなりません。15000人の不服審査請求を目指して、今から訴えていきましょう。
⑥  また怒りネットからは、障がい者は外出に行動援護を使う人が多いので、1か月前までに弁護士との打ち合わせなどが分かるようにしてほしいと申し入れました。裁判は1か月以上前に分かりますが、弁護士との打ち合わせも早め早めに設定してもらいます。

【今後の課題】

訴訟のためには膨大な費用が必要です。金集めの方法をそろそろ考えないといけません。当事者には最初に1000円を支払ってもらいますが、それ以上の負担は求めないつもりです。そのためには大衆的にお金を集めないといけません。パンフレット販売などの案が出ています。アイデアがあれば寄せて下さい。

|

« 郵便ブラック企業 | トップページ | 三重県で支援組織発足 »

-多事争論-」カテゴリの記事

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/58731170

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護一斉審査請求申し立て運動について :

« 郵便ブラック企業 | トップページ | 三重県で支援組織発足 »