« 階級社会と「精神病者」解放1「病者」の歴史【3】 | トップページ | 階級社会と「精神病者」解放2、「収容から「医療」へ」という視座から【1】 »

2014年1月16日 (木)

国民年金:50歳未満に猶予拡大 厚労省が法改正案

2014年1月8日 毎日新聞 東京朝刊
 
 厚生労働省が通常国会に提出する国民年金法改正案の概要が7日、明らかになった。30歳未満の低所得者の保険料を猶予する「若年者納付猶予制度」について、対象年齢を50歳未満へ引き上げる。今年10月以降の施行を予定している。
 猶予制度の対象年齢拡大は、非正規雇用が中高年にも広がっていることに対応したもの。猶予期間は将来の年金額には反映されないものの、受給に必要な加入期間にはカウントされる。過去の未納分をさかのぼって払える期限(通常2年)は、2012年10月から15年9月までの3年に限り10年に延長されている。15年10月以降はさかのぼれる期間を5年に短縮したうえで、3年程度延長する。保険料全額免除の申請時、書類の準備が難しい場合は口頭での申請も受け付ける。

|

« 階級社会と「精神病者」解放1「病者」の歴史【3】 | トップページ | 階級社会と「精神病者」解放2、「収容から「医療」へ」という視座から【1】 »

-報道-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/58955013

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金:50歳未満に猶予拡大 厚労省が法改正案:

« 階級社会と「精神病者」解放1「病者」の歴史【3】 | トップページ | 階級社会と「精神病者」解放2、「収容から「医療」へ」という視座から【1】 »