« 改稿/階級社会と「精神病者」解放4、階級闘争と「病者」解放の内的関連性【3】 | トップページ | 窓口追い返し増 懸念 »

2014年2月 9日 (日)

階級社会と「精神病者」解放4、階級闘争と「病者」解放の内的関連性【5】

吉田氏は「精神病は社会が作り出したものである」という見方に反対する。なぜ吉田氏がそう言うかというと、「すると『精神病者』は存在してはならない悪ということになるではないか」というのだ。ここには、根本的には「精神病」を治してはならないという吉田氏の立場と、病気は苦痛なのだから改善すべきだという私の立場との相違があるのかもしれない。私も「病者」は存在してはならない悪だとは思っていない。むしろ、「病者」の中に社会の真実がある。「病者」は「病者」であるがままで存在価値があると思っている。吉田氏は病気の原因を探すことは「病気を悪ととらえることになる」と考えた。しかし、私は「病気」は悪という価値判断をしないが、病気の原因を探ることには意味があると思っている。私は「精神病」は社会の矛盾を背負わされた結果、発病するものととらえている。では、社会の矛盾を解決することは、病気を価値観として否定することにつながるのか。吉田氏は、社会の矛盾を正すことすなわち自己解放は、「病者」を「病者」でなくすることとイコールと捉え、それは「病者」を価値判断として否定することと捉えたようだ。「社会の矛盾がなくなれば精神病は解決する」という立場は、たしかに吉田氏の言うように、「精神病」を価値観として存在してはならないもの、すなわち悪と決めてかかる立場かもしれない。それは、精神病は解決すべき状態であり、「病者」は不正常な者だから正常に戻すべきという価値観が背後に存在するからだ。
これは先ほどの自己解放を闘う「精神病者」の問題と共通した問題ではないか。自己解放したとたんに、自分が「病者」であるという立脚点が喪失するのだろうか。「狂気」を肯定しながら、自己解放すると「病者」ではなくなってしまうとしたら、ある種のパラドクスになってしまう。しかし、実際には「病気」の原因を探しても「病気」を治せるとは限らない。そこはイコールでは繋がらない。むしろ、精神病にはある種の不可逆性があり、難治性がある以上、原因を探すことが治すこととはならないのが今の現実だ。社会の矛盾が原因だ、戦争が原因だと分かったとして、それらをなくすることで解決するのは次の「病者」が現れないということであり、症状が悪化することを防ぐことであり、症状を改善することであっても、必ずしも「病者」が「病者」でなくなることを意味しないのではないか。原因が分かって、社会が解放され、自己解放されたとしても、症状を改善することはあっても、それで「病気」が治ると言えるのか。もし今の医学にできないことでも将来の医学ならできるというのなら、それこそ医学に対する幻想ではないのか。たしかに治る人がいる以上、難治性だけで論じることはできないし、「病者」でなくなることを覚悟して論じなければならないだろう。しかし、吉田氏の論建て自体が結果現象論なのではないのかという疑問がある。自己解放と「病者」でなくなることはイコールでは繋がらないということを指摘しておけば十分ではないかと思う。

|

« 改稿/階級社会と「精神病者」解放4、階級闘争と「病者」解放の内的関連性【3】 | トップページ | 窓口追い返し増 懸念 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

ところで、今回の都知事選挙では、差別の問題が、大きな課題となりました。辛淑玉さんの宇都宮さんへの応援演説は、大きな反響・支持連帯をよんでいるようです。
もうひとつ、田母神・石原の話があります。日刊ゲンダイかでも、大きく取り上げられた「キ***」という精神障害者などへの差別暴言です。選挙演説の応援演説で、なされたものです。
最初聞いたときには、また、野間かと思いました。ところが、石原でした。石原には、抗議メールを送付しました。しかし、どうやらこの問題は、ここでも、問題になっていないようです。また、問題にされ、糺されているような話がありません。こういう点についての考えを聞かせてください。
もうこういうことは、いらないんだという考えでしょうか?関係ないんだという考えなのでしょうか?
お聞かせください。

投稿: 京都から | 2014年2月10日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/59097942

この記事へのトラックバック一覧です: 階級社会と「精神病者」解放4、階級闘争と「病者」解放の内的関連性【5】:

« 改稿/階級社会と「精神病者」解放4、階級闘争と「病者」解放の内的関連性【3】 | トップページ | 窓口追い返し増 懸念 »