« ピケティの21世紀の資本・テレビ放送 | トップページ | ピケティ・21世紀の資本 »

2015年1月31日 (土)

99%の連帯

今の社会は所得上位10%が富の大半を所有しており、その中でも上位1%が世界を支配している。逆に下位50%はほとんど富を所有していない。日本でも上位1%が支配者層だ。それでも約127万人もいる。日本では上位1%には年収1270万円以上(キャピタルゲイン(資本利得、資産益)を含むと2300万円ぐらい)が含まれ大企業の管理職クラスだ。上位5%は750万円以上で大企業の正社員クラスが含まれる。上位1%の全階層の所得に占める所得シェアは9.5%、上位5%のシェアは26%。非正規雇用拡大の影響の裏返しで上位5%の所得シェアが拡大している。一方下位90%の平均年収は150万円くらい。(いずれも2010年。ピケティのデータ=週刊東洋経済2015//31号より)。

 

 

 

|

« ピケティの21世紀の資本・テレビ放送 | トップページ | ピケティ・21世紀の資本 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

そうだと自民党が選挙で圧勝したのが不思議だと感じないわけにはいかないでしょうね。

投稿: 匿名 | 2015年2月 2日 (月) 21時31分

まだ初歩的な政治の知識しか持っていない18歳に選挙権付与することをどう思うのだろうか?重要な問題でしょうから慎重にしないと。。

投稿: 関東の低所得者 | 2015年2月 6日 (金) 21時37分

衆・参議院選に違憲状態が解消しない限り、選挙権の年齢引き下げを実施するのは、乱用とならないでしょうかね?

投稿: 匿名 | 2015年3月26日 (木) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/61064099

この記事へのトラックバック一覧です: 99%の連帯:

« ピケティの21世紀の資本・テレビ放送 | トップページ | ピケティ・21世紀の資本 »