« 厚労省の物価偽装 第2話 | トップページ | 日弁連・大阪生保プリカ問題で声明 »

2015年2月22日 (日)

厚労省の物価偽装 第3話

 第3話 

基準時点と指数  指数というのは何かの数値がどれだけ変化したかを示すものです。消費者物価指数は有名ですが、数値が変動するものなら何でも指数にして考える材料にすることができます。だれでも身近な数値は体重でしょう。筆者の場合も肥満の傾向が少し気になります。肥満という言葉では厳しさが足らないので、ここでは「デブ化」という言葉を使います。  

指数は、基準の時点を100として変化率を示します。ある会社の売上高が基準の年度に2億円だった。昨年度は2億5千万円だったということなら、昨年度の売上高指数 は、2億5千万円÷2億円×100=125 という計算で125になります。基準の年度に比べて25%の増加です。  

筆者の体重は、17歳のときが57キロ。じわじわとデブ化して45歳のときは75キロ。S状結腸ポリープの摘出手術などがきっかけで相当に頑張って減量した46歳のときが69キロ。リバウンドもあり、その後はまたデブ化が進行。56歳の今は80キロになっています。  まず、17歳を基準時点にしてみましょう。17歳基準デブ化指数です。17歳基準の56歳時点のデブ化指数は、56歳時点の体重を17歳時点の体重で割って100を掛けます。80÷57×100=140・4 となります。「参った、4割も体重が増えたのか」と深刻になる人もいるでしょう。しかし、こうした体重の推移でも「たいしたことはない」と理屈をこねることは可能です。  基準時点を変えるのです。この場合は45歳を基準年齢にするのがいいでしょう。45歳基準デブ化指数への変更です。45歳基準に変えると、56歳のときのデブ化指数は、80÷75×100=106・7 となります。「11年間で6・7%しか体重は増えていない。たいした問題ではない」と開き直る人もいるでしょう。

筆者のデブ化指数の表とグラフを掲げておきます。データは、年齢と体重と、指数を計算する年齢の体重を基準年齢の体重で割って100を掛けたデブ化指数だけですが、それなりに面白いのでは。じっくり見て、基準時点と指数の関係を考えていただきたいです。 例えば、グラフでは4本の折れ線が平行関係になっています。これは、何歳基準のデブ化指数であろうが、元の体重の変化率と同じ変化率であるからです。現実の体重は、57キロ→75キロ→69キロ→80キロです。17歳基準のデブ化指数は、100→131・6→121・1→140・4となります。56歳基準のデブ化指数は、71・3→93・8→86・3→100です。どれも変化率は同じです。しかし、どの年齢が基準年齢なのかによってデブ化指数の数値が変わってくるのです。 個々の品目の価格の指数は「価格指数」と呼びます。多くの品目の価格指数の平均が物価指数です。価格指数の計算の仕方も、他の指数と同じです。指数を計算しようとしている時点の価格を基準の時点の価格で割って100を掛けます。計算表を見てください。

価格指数や物価指数の基準時点は、日本では年単位になっています。「基準年」。厚労省の物価偽装の一番核心の手口は「基準年のすり替え」です。物価指数の専門家らの意見も聞かずにこっそりやりました。筆者がデブ化を認めたくなくてやるかもしれない「基準年齢のすり替え」に比べると、あまりにも重大です。後で厚労省の手口をくわしく説明します。

「15.2.22第3話の表グラフ.xlsx」をダウンロード

|

« 厚労省の物価偽装 第2話 | トップページ | 日弁連・大阪生保プリカ問題で声明 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/61180994

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省の物価偽装 第3話:

« 厚労省の物価偽装 第2話 | トップページ | 日弁連・大阪生保プリカ問題で声明 »