« 65歳問題市交渉・申し入れ文 | トップページ | 沖縄意見広告 »

2015年3月24日 (火)

沖縄の決起に連帯しよう――KN

私は、『琉球新報』の記事と、今日、首相官邸前で行われた抗議行動に参加して聞いた話を元にしています。 この首相官邸前の行動には、300人を超える人々が集まりました。

 321日、名護市で大集会が開かれました。それについて、『琉球新報』は、以下のように伝えています。

----------

実行委員会が主催する「止めよう辺野古新基地建設! 美ら海を守ろう! 県民集会・海上行動」が21日、名護市瀬嵩の浜で開かれた。約3900人(主催者発表)が集まった。翁長雄志県政発足後、県三役で初めて県民集会に参加した安慶田光男副知事は「翁長知事は近々必ずや最大の決意をし、決断する時期になろうかと思う」と述べ、沖縄防衛局への岩礁破砕許可を取り消す県の方針を示唆した。月内にも判断する見通し。登壇者は相次ぐ米軍機からの落下物事故を批判、沖縄の民意である辺野古新基地建設断念を日米両政府に強く訴えた。

 安慶田副知事は降壇後、報道陣に対し、近く翁長知事が会見し正式表明する見通しを示した。建設予定地周辺での大規模集会は4回目で政府が12日、海底ボーリング調査を再開させて以降は初めて。

・・・

 主催者代表の照屋寛徳衆院議員は「新基地建設は母なる海を壊し、ウチナーンチュの尊厳を大きく毀損(きそん)する」とあいさつ。辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会の松田藤子会長は「大浦湾の海が国家権力対民意の闘いの場になった。日本はこれでいいのか考えてほしい」と呼び掛けた。稲嶺進名護市長は「私たちの勝利は目の前だ。誇りと自信を持って信念を貫き、辺野古が白紙に戻るまで皆で力を合わせていこう」と述べた。

----------

 そして、今日23日、午後2時半より翁長県知事が次のように記者会見を行いました。これも『琉球新報』の記事を引用します。

---------

 翁長雄志知事は23日午後、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画で、沖縄防衛局が海底に設置したコンクリートブロックがサンゴ礁を傷つけている問題を受け、防衛局に対し、ボーリング調査などの海上作業を30日までに停止するよう指示したと発表した。23日付で防衛局に文書を提出し、作業停止について報告するよう求めた。指示に従わない場合は、辺野古埋め立てに関する岩礁破砕許可を取り消すことがあるとしている。移設阻止を掲げている翁長知事が政府の作業停止に向けた権限を行使した形となる。

・・・・

  県によると、岩礁破砕許可が取り消されれば、防衛局は海底ボーリング調査などができなくなる。だが政府はこれに従わず、作業を継続する構えを見せている。菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で「粛々と作業を進めていく」と強調した。

---------

 こうした状況の下で、首相官邸前での抗議申し入れ行動が行われました。

 この中で、沖縄の山城さんに電話をつなぎ、山城さんは以下のように述べられました。ちなみに山城さんは、沖縄平和運動センターの議長で、キャンプシュワーブ前で、連日の行動の中心を担われています。

 「県が岩礁破壊許可を取り消しても、防衛局が工事を続けるのであれば、それは違法行為となる。そうなると、海上保安庁や警察は、その違法行為を守る側に立つのか。もし、工事を守る側に立つならば、名護警察署を1千人で包囲する行動を行う。あるいは、県議会で、沖縄県警本部長を喚問することもできる。これまで、暗中模索の中で闘ってきたが、翁長知事の決断で大きな展望が開かれている」

 首相官邸前では、このオール沖縄の闘いを支えて行こう、と意志を固めあいました。

 また、この行動には、宗教者の方々が多く参加されていたようです。毎月第4月曜日に行動しているそうです。牧師の発言も、神父の発言もあるので、プロテスタントとカトリックの人たちが一緒に行動しているようです。

 沖縄では、517日に、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で、1万人規模の集会を開く計画だそうです。

 またそれに先立って、「4月28日に米軍キャンプ・シュワブゲート前か瀬嵩で県民集会を開き、同月中には全市町村議や県議らがシュワブゲートを封鎖する超党派の議員総行動を行う予定だ。」(『琉球新報』)という行動も予定されています。

 東京では、46日に、18時半から防衛省前行動を行い、426日には渋谷でサウンドデモを行い、524日に、国会包囲行動を行うとの予定が提起されました。

 また、辺野古リレーというグループは、明日19時から20時半まで、渋谷のハチ公前で、宣伝を行うそうです。

 帰ってきてから「報道ステーション」を聞きましたが、インタビューされた沖縄の人たちは、翁長知事の公約通りの行動を支持し、「政府とけんかしてでも貫くべきである」と述べられていました。

 私たちも、ともに闘いましょう。

|

« 65歳問題市交渉・申し入れ文 | トップページ | 沖縄意見広告 »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

日米が沖縄を壊したので沖縄の人たちが一丸となって闘う姿勢に強く共感しています。

投稿: 廣瀬 研一 | 2015年3月24日 (火) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/61329413

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の決起に連帯しよう――KN:

« 65歳問題市交渉・申し入れ文 | トップページ | 沖縄意見広告 »