« 財務省主計局の社会保障解体方針 | トップページ | 生活保護住宅扶助の引き下げについて知っておくべきこと »

2015年5月 3日 (日)

財務省主計局文書の続き

150501zaimu004


ここまであからさまに財政収支のために社会保障を解体すると言われると、何かそれに正当性もあるのだろうかと思ってしまう書きぶりです。しかし防衛費は聖域、公共事業にも切り込まず、ただただ社会保障悪玉論を展開していることは明らか。消費税は社会保障のために使うと言っていたのを忘れたかのよう。
夏の「財政健全化計画」でメニューを盛り込み、年末に工程表を策定するという具体的スケジュールも書き込まれています。
私たちの側は、生活の必要性を正面から主張し、プライマリーバランス論のまやかしをついていくしかないと思います。防衛費を聖域にするな。公共事業に切り込めと。

「150501zaimu005.pdf」をダウンロード

|

« 財務省主計局の社会保障解体方針 | トップページ | 生活保護住宅扶助の引き下げについて知っておくべきこと »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

以下の憲法に関するリンクをご覧ください。
http://mainichi.jp/opinion/news/20150503k0000m070078000c.html

投稿: | 2015年5月 3日 (日) 23時19分

憲法話に条約も含めると憲法の良さがよりわかると思う。

投稿: 関東人 | 2015年5月 4日 (月) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/61531118

この記事へのトラックバック一覧です: 財務省主計局文書の続き:

« 財務省主計局の社会保障解体方針 | トップページ | 生活保護住宅扶助の引き下げについて知っておくべきこと »