« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

病棟転換型施設を考える兵庫県集会(7月25日)

7月25日、神戸市の新長田の会館で「病棟転換型施設問題を考える兵庫県集会」が行われました。当日JRが不通になるというなか、また大変暑い日だったにもかかわらず、兵庫県下各地から150人が参加しました。フレンズと怒りネットからも8人の参加がありました。集会では怒りネット(フレンズが参加する障がい者団体)として髙見が発言したほか、長期入院の当事者や長期入院者の家族、また精神障がい者にかかわるいろいろな職種の代表から発言がありました。違いを越えた共闘という昨年6・26集会を引き継ぐ集会となりました。
基調講演の杏林大学長谷川利夫さんのお話と、髙見の発言を紹介します。

長谷川さんのお話し。  
(【 】内は髙見の意見です。)

2013・10・17に岩上洋一(特定非営利法人「じりつ」代表理事)の発表がありました。2013年の精神保健福祉法改訂に伴う、厚労省の「良質かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針」第6回検討会の中でのことです。「病院で死ぬということと、病院内の敷地にある自分の部屋で死ぬことには大きな違いがある」として、病棟転換施設の導入を主張しました。【死ぬことが目的なのでしょうか。病院の敷地内で生きることが幸せでしょうか。】
その趣旨で病棟転換型居住系施設が動き出し、2015・1・16厚生労働省令が改悪されました。厚労省のQ&Aでは、居住施設は病院と「施錠されたドア」で区切られているだけでよいとされています。
2015・3には日本精神科病院協会が「精神障害者の地域移行及び地域生活支援に向けたニーズ調査」報告書を発表しました。「現状の病状で退院して生活できる可能性―44.2%。賃貸住宅やグループホームを病院敷地内に設置した場合、この患者さんの退院可能性は、あり54.8%。可能性ありと答えた場合の理由は、退院意欲の喚起がしやすくなる34.3%、緊急時の対応ができる65.7%(複数回答、病院職員への聴取)。「政策提言」として「職員も患者自身も病院の近くが安心と考えており、病棟の一部を居住の場に改築するといった構造改革も患者自身の選択肢を増やすために必要と思われる」としています。あくまで病棟転換を作りたいという意図的誘導です。
【しかも病院職員へのアンケートです。患者への聞き取りではないのです。そのなかで、44.2%もの患者が直ちに退院できると精神科病院が答えているのです。それならさっさと退院させればよいものを、病棟転換施設で囲い込みを続けようとする図々しさを感じます。あくまで「患者は財産」だと考えているとしか思えません。】
「権利は闘わなければ実現しない。」昨年6・26の意味は、病棟転換、敷地内グループホームを作らせない、強力なカウンターオピニオンの効果がありました。「考える会」が行った調査で回答83自治体中32が「見送った」と回答。(「位置づけた」は39自治体。実際に造っているところは0。6自治体で検討中のところがあるなど予断を許さない状況。)病棟転換問題は人権問題です。障害者権利条約第19条。「障害者が、他の者との平等を基礎として、居住地を選択し、及びどこで誰と生活するかを選択する機会を有すること並びに特定の生活施設で生活する義務を負わない。」この原則からすれば病棟転換施設は違法なものです。

当日の集会での髙見の発言原稿。

怒っているぞ!障害者切りすて!ネットワーク関西です。兵庫県精神障害者連絡会でもあります。
今日は大変暑い中、本集会にお集まり下さり、本当にありがとうございます。
7月8日に発覚した千葉市の石郷岡病院における、2人の准看護師による患者殺害は、患者虐待の氷山の一角だと思います。精神科病院では、隔離・拘束の件数は増え続けており、電気ショックがいまだに行われています。
私の友人は、30年前に強制入院となった時の経験から、どんなに症状が悪くとも、二度と入院は嫌だと言っています。また、私どもの会員で、長い間悪い病院に強制入院させられていた方が、病院の金儲けと、患者支配の継続ための、病棟転換施設に強く反対しています。もう閉じ込めは嫌なんです。
政府は、戦後高度成長期に、「危険な精神病者が野放しになっている」とキャンペーンして、金儲けのための民間精神科病院をたくさん作りました。精神科を特例として医者の数が3分の1でいいことにし、看護師の数も少なくていいことにしたのです。このために精神科病院は医療の場ではなく収容の場であることが運命づけられました。
長期入院が続く原因はそればかりでなく、地域福祉予算が貧困すぎることにあります。地域に帰る場所がないのです。生活保護を利用したアパートへの退院やグループホームなどの地域資源があまりに貧困です。精神保健の予算は入院経費に全体の95%が出ているのに対し、地域生活のためにはたった5%しかありません。
その結果、入院者は32万人を超え、20年以上の長期入院者が4万人以上、死ななければ精神科病院から出られない死亡退院者が年間1万8千人もいます。しかし、病棟転換施設は問題の解決ではありません。閉じ込めの継続にすぎません。
 兵庫県や神戸市は地域主権改革法制に基づく特例として、今年1月の厚生労働省令改悪に先立って、病棟転換施設を実施する条例を定めています。しかし、実際に建てているところはまだ全国のどこにもなく、闘いはこれからです。
怒りネットは、長期入院者の利益のため、精神障がい者が地域社会で当たり前に生きるため、精神医療、福祉の根本的変革を目指して、違いを越えて、共に闘っていくことをお誓いして、発言とします。以上。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

怒りネットの声明

◆安全保障関連法案=戦争法案の衆院強硬採決に強く抗議します

 

怒っているぞ!障害者きりすて!全国ネットワーク

 

 私たちは、すべての障害者が差別されることなく地域で暮らしていける社会を目指す団体です。そして、これに反する政府の政策を強く批判し是正を要求してきました。

 こうした立場から、明らかに憲法に反している安全保障関連法案=戦争法案に反対します。この法律が成立することは、世界各地の紛争に日本が参戦することとなり、世界の人々を苦しめるとともに、自衛官をはじめとする日本に住む私たちも傷つくことになります。国の予算は、戦争に振り向けられ、社会保障はますます改悪されることになります。障害者、患者、高齢者は「重荷」とされ、生活もいのちも脅かされる状況が進むでしょう。

 ましてや、この法案を強行採決するなどということは、絶対に容認できません。7月15日に衆院の特別委員会、そして、16日に衆院本会議で強行採決した自民党と公明党に対して、強く抗議します。そして、この法案の廃案を要求します。

 

●軍事行動で平和は守れない

 

 2003年日本は、アメリカを支持して、事実上イラク侵略戦争に加担しました。戦争のための資金拠出にとどまらず、兵員や武器の輸送まで行いました。「大量破壊兵器保有」などという濡れ衣を着せて、イラク政府を崩壊させ、10万人以上もの住民を虐殺するその手伝いをしたのです。濡れ衣に基づき事実上参戦したことについて、日本政府は全く反省さえしていません。そして、現在もイラクの内戦と言うべき混乱は続ているのです。

 戦乱の続く中で、障害者が差別なく地域生活をおくるなどということは不可能であり、イラクの障害者、そして、市民にそのような苦しみを強制する一翼を日本の政府に許してしまった私たちの責任を痛苦な思いで自覚せざるを得ません。他法、戦費として浪費される予算を、日本や世界の社会保障に振り向ければ、みんなが地域で安心して暮らせる基盤が作られるのです。

 NATOも2011年に、リビアに空爆を行い、リビア政府を崩壊させました。その後、北アフリカの混乱はますますひどくなり、多くの難民を生み出し続けています。

 衆院で強行採決された戦争法案は、このような侵略と虐殺、混乱を作り出す軍事行動に日本の自衛隊を参戦させることになるのです。日本国憲法九条違反であることは、あまりにも明らかです。

 日本国憲法は、第二次世界大戦まで日本が続けてきた侵略主義の反省に基づいて作られてきたものであり、その九条は、他国の市民に決して銃を向けないことによって日本の平和を維持するという発想に基づいているはずです。この観点から外交を行って行くべきであり、どの国とも軍事同盟など作るべきではないのです。

 基地に苦しむ沖縄県民の思いに答えて、米軍基地は撤去すべきです。領土問題については、国籍を超えてそこで生活する人々が平和に暮らして行けるようにルールを作り出すべきなのです。一方的な国益の追求は、平和を破壊するものです。

 

●「国民を守る」という安倍首相の嘘

 

 社会保障をめぐる政府の政策に注目してきた私たちにとって、戦争法案を巡る論議の中で安倍首相が繰り返した「国民を守るため」という言葉が何とむなしく響くことでしょう。厚労省の調査によると、生活が「苦しい」と感じている世帯の割合は147月時点で過去最高の62.4%となっています。にも関わらず、市民を切り捨てるような政策を行っているのが安倍政権だからです。

 介護保険については、昨年‘要支援’の人々を対象から外し、さらに、‘要介護’1や2の人まで対象から外すことを、政府内で検討しています。そして、外された人々については、必要な介護などは自費で購入せよ、と言っているのです。医療においても、保険でカバーする範囲を狭めて行こうとしています。こうして、保険の対象を狭めることが「産業の発展につながる」と称して、大企業の利益しか考えていないのです。 生活保護も、障害者の制度も改悪を検討するとしています。そして、命を切り捨てる「尊厳死」まで推進しようとしています。

 労働者についても、直接雇用を派遣労働に置き換えるための法改悪や残業代ゼロ法案を通そうとしています。住民の安全さえ考慮せず原発再稼働を進めたり、福島第一原発事故の被災者を切り捨てるような政策も行っています。

 

 沖縄の人々は、沖縄戦の経験から「軍隊は住民を守らない」と語ります。日本軍に直接殺されたり、死を強制されてきた経験に基づきます。 軍隊は、国家体制や支配層を守るかもしれませんが、一般の市民を守ることはないのです。

 そして何よりも、政府の政策で駆り出される自衛官が殺し殺される状況に投げ込まれるのです。たとえ兵士が無事に帰れたとしても、激しいストレスから自殺や精神障害を発症することが、既に世界的に起こっています。また、イラク戦争に際して、サマワに派遣された自衛官が米軍車両により負傷させられましたが、表ざたにしないために、まともな治療も受けさせなかったという事例があります。

 仮に軍隊が制圧することにより、一時的に平穏になったとしても、それは誰かの犠牲の上に成り立ったものであり、決して持続的な平和にはなりえません。

 

●戦争法案を廃案に

 

衆院で強行採決された戦争法案は、

 

①世界的な軍事行動に日本が加わるものであること、

②このことは、日本国憲法違反であること、

③政府が憲法を勝手に解釈して政策を行うことは許されないこと、

④戦争によって守られる平和はなく、この法案によって、日本の市民も世界の市民も苦しめられること、

 

以上の理由から、私たちは、安全保障関連法案=戦争法案の廃案を要求します。

 

連絡先

怒っているぞ!障害者きりすて!全国ネットワーク

電話連絡先 090-6923-2600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

パンフレット、「ともに生きる№.7」のご購読のお願い

兵庫県 髙見元博

兵庫県精神障害者連絡会代表・髙見元博の個人的な意見を書き綴ったパンフレットを作成しました。「「精神病者」の主張」といった内容です。「病者」として思うところをいろいろと書きました。「病者」にとっての未来社会像の提示も試みています。ただ現状に異議を申し立てるだけでなく、どのような差別のない社会が展望できるのかを書いています。目次と「はじめに」の抜粋を下に書いておきます。

表紙を含めB5版64ページ。一部300円(送料込み)です。読んでもいいなという方はご注文お願いします。私のアドレス、gen1951@nifty.com まで注文してください。

 

目次

はじめに・・・・ 1

パリ・コミューンを理想とし・「精神病者」解放をめざす運動=ひょうせいれん

 

 「精神病者」の解放と99%の連帯  

 1、「病者」の立ち位置・・・・3

 医療者と患者の権力関係・「隔離・拘束」は症状をこじらせる・人間疎外の精神科医療

 2、「病者」差別と99%の連帯・・・・ 5      

 「病者」を取り巻く情勢・先鋭化・連帯をめざす・われわれは99%だ・1%のための政府・民衆の差別と「岩倉村」・「開き直り」・実際の運動を進める中で・解雇撤回闘争・解雇と地域自立生活・本冊子の刊行にあたって

3、付記:「暴力論」について・・・・ 14      

  レッテル貼り・パリ・コミューンの教訓・「暴力」の本質論・症状からくる暴力

 

京都岩倉村と「精神病者」

1、なぜ岩倉村か・・・・ 18

岩倉村に「病者」が集まった・明治期呉秀三による評価・岩倉村の開放処遇・岩倉村での待遇・「柔らかい差別」・「病者」を差別視しない村民・村民が差別の対象に・今に生きる意味・岩倉村の内と外・民衆の中にある差別感情・どうすれば差別感情はなくなるか

2、個人史を縦軸として・・・・ 27

私の個人史・開き直りの勧めと民衆の変革・差別構造を変える力

 3、「病者」の郷 岩倉村を歩いて・・・・ 31

保養所・友の死・「病者」の里・参考図書

 

階級社会と「精神病者」解放

1、「精神病者」の歴史的復権・・・・ 34

スティグマ(烙印・社会的障壁)・精神病とは?・狂気の復権・フーコーの描写・価値観の転換と狂気の疎外・有罪性・工業化の進展・「『病者』解放」の神話・一望監視装置・工業化と「病者」・日本では・「狂気」という存在様式・「異常とは何か」

2、戦争と「精神病」=精神病の社会的性格・・・・ 41     

 社会的関係性の病・戦争が生み出した病気・一過性ではない戦争の記憶・加害者も病気に・戦争は階級諸関係の延長・社会的諸関係による抑圧・双子の研究

 3、「病者」解放の論理・・・・ 44      

 「病者」解放と階級闘争・吉田おさみの時代・「狂気の肯定」・吉田とマルクス主義・あるがままに差別されない社会・支配階級の価値観・「開き直り」の原理・「開き直り」の意味するもの・連帯すべき相手・人間主義の価値観・「心神喪失」と「狂気」・実際の感性・精神病と社会の矛盾・「病者」自己解放と「病者」でなくなること

4、「開き直り」と生きづらさ・・・・ 50       

 「普通の『病者』」・「開き直り」・脱権力化・家族との関係・症状からくる「生きづらさ」・私的体験・孤独と患者会・症状に対する「開き直り」・生きづらさと患者会

 5、まとめ・・・・ 57     

 社会的関係性の病・戦争が生み出した病気・一過性ではない戦争の記憶・加害者も病気に・戦争は階級諸関係の延長・社会的諸関係による抑圧・双子の研究

 

「はじめに」より抜粋     兵庫県精神障害者連絡会「フレンズ」代表:髙見元博

 この冊子は、ひょうせいれん(フレンズ)代表の髙見元博の個人的な意見を書き綴ったものです。あくまで、私の個人としての見解であり、患者会としての意見ではないことをお断りしておきます。

この冊子は3つの文章で構成されています。最初のものから新しい順になっています。1番目の「『精神病者』の解放と99%の連帯」と2番目の「京都岩倉村と『精神病者』」は未発表で、3番目の「階級社会と『精神病者』解放」は「新左翼」の革命的共産主義者同盟再建協議会が発行する雑誌「展望」14号に発表したものに加筆修正しました。

今まで私がまとまって意見を表明することがなかったので、風評が先走っていたり、そもそもひょうせいれん代表の考えは何なのか、まったく分からなかったりしていたと思います。もちろんひょうせいれんは代表の考えだけで運営されているわけではありません。定期交流会では参加者の自由な意見が尊重され、私が一番しゃべらなかったりします。交流会では参加者がそれまでの2カ月間に何をしていたのかがテーマであり、話される主な内容です。患者会は特定の意見や立場、思想信条で運営されるべきものではなく、できる限り民主的に運営されるべきものです。徹底した民主主義が代表である私の基本的な信条でもあります。(中略)


パリ・コミューンを理想とし

 私の立場は「新左翼」系に位置付きますし、そのことを隠したことはありません。私の思想を一言で表現するなら徹底した民主主義です。民主主義を徹底的に発展させるとコミュニズムになるということです。マルクスが自分の思想は何かと問われて「パリ・コミューンを見て欲しい」と言ったように、コミュニズムとはパリ・コミューンの原則にもとづく徹底した民主主義です。私はパリ・コミューンを理想としています。

 今の社会は階級社会であり、資本家が支配する社会です。国家権力もマスメディアも資本家が握っており、本当の自由も民主主義もありません。今、労働者・市民には、不平等と支配階級が許す限りでの偽りの自由しかありません。真の自由を求める労働者・市民は、国家権力によって弾圧されることを覚悟せねばなりません。現に6月25日、沖縄のメディアが政権勢力による攻撃を受けました。階級支配のない社会においてこそ、真の自由と平等は実現されます。

一方で、ロシアでの革命を裏切ったスターリンは、反対派を粛清し、共産主義の原則をすっかり歪めてしまい、独裁体制を敷きました。残念なことに、今では共産主義といえば、まったく反民主主義的だったがゆえに民衆の支持を失い崩壊したソ連=スターリン主義と同一視されています。

私はそれとは決別した反スターリン主義の立場に賛成しています。共産主義を唱える政党・党派の中でも自由と民主主義が保障されていないものが多くありますが、それらも私から見れば批判の対象です。

(後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

石郷岡病院で患者虐殺

NHKニュース

救急搬送は暴行の2日後

千葉市にある精神科の病院で准看護師の男2人が入院していた男性患者を暴行し死亡させたとして逮捕された事件で、病院が男性の異変に気づき救急搬送したのが暴行を受けた2日後だったことから、警察は病院側の対応に問題がなかったか関係者から事情を聴くなどしてさらに調べることにしています。 この事件は、3年前の平成24年1月、千葉市中央区にある精神科の「石郷岡病院」で、入院していた当時33歳の男性患者の着替えを介助していた際、顔のあたりを足で蹴ったり、ひざでおさえたりして、首を骨折するけがを負わせ、2年後に死亡させたとして警察が病院の准看護師、菅原巧容疑者(62)と元准看護師、田中清容疑者(66)が傷害致死の疑いで逮捕したものです。 警察の調べに対して菅原容疑者は黙秘し、田中容疑者は「業務上の行為だった」と否認しているということです。 この事件で、病院が男性の異変に気づき救急搬送したのは暴行を受けてから2日後だったことから、警察は、病院側の対応に問題がなかったか関係者から事情を聴くなどしてさらに調べを進めることにしています。

0708日 1803

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »