« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月27日 (金)

バラマキ

安倍政権は、低年金者に3万円をばらまく方針を発表しましたが、生活保護受給者は除外だそうです。ひどい差別だと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

厚労省の新方針

9日の障害者部会を福祉新聞が報じました。厚労省は財務省方針に従うと方針を決めたようです。 この秋、安倍が中央アジアを歴訪してばらまいて来た金は数兆円だったと思います。そんな金はあるのに、金のない障害者からわずかな金を奪う。なぜなら安倍がばらまいたその金は財界の利益となって帰ってくるのだから、お友達政治が得意な安倍にとっては結局自分の懐が潤うという訳です。障害者が社会の負担になっていると言ったかつてのナチス政権と安倍政権では違いを見つけ出すほうが難しい。 骨格提言は厚労省によって存在しなかったがごときものと扱われているが、だからこそ「骨格提言の完全実現を求める」運動がより重要になっています。障がい種別を超えた連帯を創り出している大フォーラム運動が、いまこそその存在意義を発揮すべき時が来ています。 各自の運動が大変な時ですがだからこそ、大同団結の力が必要になっていると思います。安倍政治を終わらせるためにもうひと踏ん張り、力を寄せ合いましょう。

障害者の負担拡大へ 支援法見直しで厚労省が方針示す

2015年11月16日 福祉新聞編集部

 厚生労働省は9日、障害者総合支援法の見直しに関連し、障害福祉サービスの利用者負担を拡大する方針を明らかにした。

同日の社会保障審議会障害者部会で「制度の持続可能性を確保する観点から検討する」とした。委員の多くは条件付きで容認する立場だ。

 2015年3月のサービス利用者約74万人のうち、費用を負担しているのは市町村民税課税世帯の約5万人。残りの約69万人(全体の93%)は無料で利用している。

 同法に基づくサービスの費用は、15年度は約1兆849億円の見込み。前身の障害者自立支援法が施行された06年度に比べて2・2倍に増えた。

 財務省は費用の増大を抑えるため、利用者負担の拡大を求めている。厚労省はそれに従う姿勢を見せている。負担する人を増やすこと、既に負担している人の負担額を増やすことのいずれも考えられる。

 これに対し、委員の多くは「今のままでは国民の理解が得られない」として負担の拡大に一定の理解を示しつつ、条件を付けた。

 具体的には、所得に応じた累進的な仕組みにすること、就労系サービスには拡大しないこと、世帯単位ではなく個人単位の所得をもとに負担額を決めること、負担増で浮いた財源をサービスの充実に充てることなどだ。

 このほか同日の部会で厚労省は、放課後デイサービスなど障害児の通所支援の質の向上と支援内容の適正化を図る方針を示した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

年金裁判提訴

13日の年金提訴の報告です。

今朝の神戸新聞をつけておきます。神戸新聞の写真は記者会見の時のものです。また。昨夜の9時30分からの兵庫県下のローカル局のサンテレビでも報道されました。これはブルーレイで録画があります。

13日の昼から年金引き下げに対する違憲訴訟の提訴行動を兵庫年金者組合や支援など180人で神戸地裁に対して行いました。

楠公神社に集まり、神戸地裁まで超短いデモ。なぜか、デモの先頭に立つように要請されました。地裁前で弁護士が取材を受け、地裁に入り、書類の提出。私も提出に行ってくれと言われ行ったところ、原告は90人中の2人くらいしかおらず、なんで私が選ばれたのかなと思ったりしました。

その後近くの会館で決起集会。支援の会を正式に発足。兵庫労連、民商、生健会などで結成されました。原告の発言を3人から。また私が指名され、「誰でも障がい者になる可能性はあるのだから、年金の問題は若い人の問題でもある。マクロ経済スライドで30%も下げられようとしている。いまこの引き下げに対する訴訟への支援を国民に広げよう。」などと発言しました。原告団の役員が紹介され、各地の原告全てが紹介されました。兵庫県の原告は90人で全国で3900人くらいになったそうです。弁護士から、裁判の状況報告。憲法25条の生存権、29条の財産権、社会権規約違反で争うこと。「移送」といって高等裁判所のあるところの地裁に移される可能性があるが、時間がかかってもきちんと地元で裁判を受ける権利を争っていくと報告されました。兵庫の場合は大阪地裁です。沖縄の原告が福岡地裁で裁判を受けないといけないと言われているなど、国は規則通りだと言いますが、裁判所はそれを追認しているそうです。原告団事務局から、国民的大運動を起こそうと提起され、「王将」の替え歌を歌ったり、「頑張ろう」を歌ったりしました。

その後記者会見。記者会見で2名の原告の一人に私が選ばれました。

原告は兵庫県だけで90人もいるのに、なぜか前に出ろ前に出ろと押し出されるので、ちょっと困惑しています。多分障害年金で提訴しているのが兵庫では私とIさんだけで、この日参加したのが私だけだからなのだと思いますが。

署名運動や、宣伝活動も提起されていました。今後ご協力をお願いすることもあると思いますが、よろしくお願いします。

151114koubesinnbunn001


「151114koubesinnbunn002.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »