« 障害者総合支援法の「改正案」批判 | トップページ | 年金裁判の現状 »

2016年3月 5日 (土)

福祉給付金

年金生活者等支援臨時福祉給付金が、今回は高齢者向けと障がい者向けと時期が違うそうです。詳しくは厚労省(℡0570-037-192)へ問い合わせてください。市報に高齢者向けの支給の案内が出ていたので障がい者はどうなっているのか問い合わせたところ、高齢者には4月から、障がい者には10月からの支給になるそうです。いずれも3万円と、すべての非課税世帯に支給される3千円が合わせて支給されると言っていました。生活保護世帯には支給されません。また住民税非課税であり課税者に扶養されていないことが条件です。高齢者というのは昭和27年4月1日以前の生まれの人です。障がい者というのは障害基礎年金の支給者です。 なぜ時期が違うのかは分かりませんでした。高齢者向けには参議院選挙に向けた買収という目的があるわけで、障がい者は買収の相手ではないと思われたのかなと勘ぐってしまいます。選挙向けのバラマキだから高齢者向けを急いだ結果なのかもしれませんね。

|

« 障害者総合支援法の「改正案」批判 | トップページ | 年金裁判の現状 »

-多事争論-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/63301602

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉給付金:

« 障害者総合支援法の「改正案」批判 | トップページ | 年金裁判の現状 »