« 65歳問題交渉報告 | トップページ | 8・21報告集ののチラシ »

2016年8月22日 (月)

⒏・21学習会速報

相模原事件としょうがいしゃの問題を考える学習会の報告です。

学習会は、定員30人の部屋に35人が参加。椅子がなくて「これ以上来たらどうしよう」と思う状況でした。
相模原事件後初めてしょうがい者が相模原事件をテーマに集会をやるということで、関心が集まったようです。日頃のお付き合いのある方がほとんどでしたが、日頃はお付き合いのない方もどこで聞いたのか来られていました。フェイスブックで宣伝していましたからそれを見たのかな。
学習会では怒りネット世話人の古賀さんからの詳細な報告があり、約1時間以上、活発な質疑討論がありました。...
記憶に残っているものとしては、「国会議員にも働きかけてはどうか」「神戸でスタンディングを呼び掛けている人がいるので参加したい」「安倍との親和性があるというが、市民に特殊な人の特殊な事件ではないことを知らせる必要がある。街頭行動が大事だ」「岡山で大学准教授が障害を理由に不利益を受けた。しょうがい者作業所、学校での虐待や問題がある。この事件、彼を生み出す社会。福祉の中に優生思想がないか。地元での運動を作っていきたい」「措置ということがクローズアップされて誤解を生んでいる。しょうがい者による犯行と思わない方が良い。マスコミが被害者の名前を出さないことは第2のしょうがい者差別ではないか。名前が消えてしまうと忘れられてしまう。日航機事件のように毎年思い出されるべき事件だ」「ピープルファーストでも全国集会をする。介護保険問題で65歳になる友人がいるので教えてほしい」「作業所でも工賃加算など、市場原理に組み込まれる問題がある」などなど。
まだまだ書ききれないですが、「優生思想による事件であり許せない。被害者の名前が出てこないのは第2の差別ではないか。Uが措置と扱われることで新たな差別を生んでいる。8月10日の検討会で新法、精福法改悪、刑法改悪の流れが出てくる。院内集会や、10・27大フォーラム、神戸の取り組みで迎え撃とう。」とまとめました。
古賀さんの提起はデータがあるので必要な方はおっしゃってください。お送りします。

|

« 65歳問題交渉報告 | トップページ | 8・21報告集ののチラシ »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/64095623

この記事へのトラックバック一覧です: ⒏・21学習会速報:

« 65歳問題交渉報告 | トップページ | 8・21報告集ののチラシ »