« 精福法改悪は政府のヘイトクライムです | トップページ | 5/14緊急集会に集まってください »

2017年4月13日 (木)

前代未聞。立法趣旨を削除

170413001_2


上の精神保健福祉法”改正”案立法趣旨の最初の2行を削ると、前代未聞のことを政府は言ってきました。立法の趣旨を削除しながら法案は維持するというのです。前代未聞のことです。

今朝議員のところに厚労省職員が持ってきて差し替えたいと言ったそうです。委員会理事会で差し替えはダメ、追加資料でオーケーとなったそうですが、内容についての説明はなく、午後からの質疑は「まず説明しろ。なら法案を書き換えろ」という議論になりました。

政府は「もともと国会に出した資料ではない。ホームページにあっただけ」と開き直ったり、それでは済まないとなると居直って「誤解の無いように書いただけだ」と言ったり、「法案の内容については何ら変えるものではない」などと言っています。
説明を変えても内容は変わらない訳です。「犯罪防止」を目的とした法案です。

国会軽視というか国民無視です。議論の前提を書き換えておいて、議論は尽くしたから採決とするつもりなんでしょうか。今日は午前中は参考人審議だったので、午後委員会の議論でしたが予定していた質問に至らない議員が続出、維新の議員でさえ「おかしい」と言っているほど。これで何時間審議したから十分審議したとなるのか、なんか国民コケにされてます。

|

« 精福法改悪は政府のヘイトクライムです | トップページ | 5/14緊急集会に集まってください »

-闘いは進む-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517951/65146547

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞。立法趣旨を削除:

« 精福法改悪は政府のヘイトクライムです | トップページ | 5/14緊急集会に集まってください »