« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月17日 (日)

「生きている!殺すな」が発売されます

170915_2

「生きている!殺すな」を予約注文して下さい

 

「生きている!殺すな」は、ひょうせいれん代表の高見をはじめ「『骨格提言』の完全実現を求める大フォーラム実行委員会」のメンバーなどの各種のしょうがい当事者、親や支援者、21人が書いた本です。各種のしょうがい者の生活実態を示す画期的な本です。

 

しょうがい者解放の未来をかけて

 

私たちはひょうせいれん機関紙・『フレンズ』やパンフレット・『ともに生きる』を多数発行しています。しょうがい者解放の現実を広くみなさんに知ってもらうためであり、未来社会である「パリ・コミュ―ン」型の社会に現実性はあるのかを問い、また労働者の解放にとって、しょうがい者解放がもつ意味を知ってほしいからです。今そのしょうがい者解放論の真価が問われています。

 

労働者にこそ読んでほしい

 

労働者は他の全ての被差別・被抑圧者を解放せねば、自らを解放できない階級だと言われています。生身の被差別・被抑圧者の生活を支援すること抜きにそれは不可能です。本書は「刊行にあたって」に書かれている様に、相模原事件を再発させないため、まず、しょうがい者の現実を知るという契機で書かれています。まず知ることから始めて下さい。

しょうがい者にとっても他しょうがいの生活実態を知ることは、自らの解放を考えていく上でも重要なことではないかと思います。

10月10日発売開始です。山吹書店刊、1800円+税です。今から書店に予約して下さい。共生舎でも取り扱います。よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

麻生太郎の差別発言を許すな

兵庫県精神障害者連絡会

2017年9月4日

 

麻生太郎副総理兼財務大臣兼金融担当大臣は9月2日愛媛県西条市での選挙応援の講演で、祭りと選挙に絡めて「ここのお祭り大変だ。そういった時に選挙なんてやれる。選挙を一生懸命やっている人はお祭りを一生懸命やっている人。俺のとこ(の選挙区の祭り)は7月14日だけど、この時になったら、ほとんどきちがいみたいな人ばっかりだ」と語りました。

この差別発言はふだん思っていることが口をついて出たのであって、「不適切でした」で済むことではありません。明らかに「訳の分からんことをするモノ」「尋常な人あらざるモノ」という脈絡で「きちがい」と言っています。私達精神しょうがい者を「得たいの知れない不気味なモノ」と扱いあざける対象にしています。ネット上に徘徊する差別主義者を煽動しヘイトクライム(差別憎悪犯罪)を煽るものです。こんな人物が「発言撤回」で許されるなら、ヘイトクライムをしても2年経てば許されると思う相模原事件の被告Uのような人物が再度現れても不思議ではありません。

公式な謝罪を求めたいと思います。

反基地運動·反原発運動等をする人にも「きちがいじみた」というような発言をする人はよくいます。それが差別だということを知ってほしいと思います。

 

抗議先:麻生太郎事務所

 【議員会館】

 電話03-3581-5111(代表)

 FAX 03-3501-7528

 【筑豊事務所】

 電話0948-25-1121

 FAX 0948-24-0867

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »